タグ別アーカイブ: アポロン

かつての世界の中心であったと言われるアポロン神殿のギリシャ旅行記

IMG_0626.JPG

人生で起こることは偶然はなく、必然的と言われていますが、本当にそうなんだと実感する事が多いです。

先日、2020年に向けた未来予知メッセージを綴りました。

記事を投稿した後に、マイケルから、「僕の写真がアテネで展示されるのが、この日らしく、行こうと思うけど?どうする?」と、聞かれて、同じ時期に、キプロスのパフォスのお城の近くでも、新しい写真の展示と写真の出版記念も兼ねて、エキシビションが開催されるということだったので、体力的にどうだろうと思ってしまいましたが、ギリシャに行って参りました。

私は神々が宿る天空の修道院で有名なメテオラに行きたいと常々思っていたのですが、アテネからは、電車でしか行くことが出来ず、その電車も一日に1本で、片道5時間30分、途中でエンジンの故障もあることもあり、着いたそのあとも、2時間ほど、さらに、修道院によっては、お昼休みと重なったりすると、修道院内の壁画も見られないかも知れないと去年、キプロス人の友人が訪問していたので、「お昼どきは行かない方が良いよ。」と、アドバイスしてくれました。

体力的に電車に10時間以上乗っていることを想像すると訪れる前から無理そうだったので、メテオラに行くならば、テッサロニキ経由で行くのが近いとギリシャ人の友人も声を揃えていうので、エキシビションの初日後、遅いディナーでギリシャに行くことを話していると、周りにいたキプロス人とギリシャ人の写真家の先生にも、「デルフィに行くと良いよ。」と言われたので、「デルフィ?」「島の名前、どこの島」と聞いて、マイケルは目をキョロキョロさせていました。

「君のような人が紀元前にデルフィに大勢いたんだよ。」と、言われて、「アテネから近いの?」と思いながら、インターネットで検索していると、何と、「アポロン」と関係があるので、なるほど、アポロンからメッセージを貰ったということは、お礼参りに行かなければならないことになったと確信しました。

ただ、今回の旅はアポロン神託に行くことではなく、マイケルの写真が展示されているギャラリーにも行く予定があったので、予定は未定でした。

アテネに住むマイケルの妹からも着いた日に、ランチにお招きされていたので、滞在する場所のアパートに荷物を預けて、タクシーを拾い、義理の妹宅へスムーズに行けると思いきや、乗った瞬間、運転手のおじいさん、多分、80歳以上、会話もとろとろして、住所を見せたら、硬直してしまい、ギリシャ人の義理の弟にマイケルが電話をかけて、説明して貰っているが、全然、会話が捗らないまま、見覚えのある場所まで行ったが、分からないというので、電話をかけて、説明して貰うけど、分からず、近所らしい人に、タクシーのおじいさんが訊ねていたけど、会話が成り立たない、コスタ(義理の弟)が車で迎えに行くから、というので、タクシーを降りました。目的地に着かないままのタクシー、驚きました。

すぐ、後ろを見ると、車で迎えに来てくれたコスタがいたので一安心しました。しかし、車の免許を保持しているおじいさんタクシー、南側の欧州人はアバウト過ぎてびっくりです。

義理の妹と挨拶して、座った瞬間に、彼女が作った料理が出て来て、美味し過ぎるので、食べ過ぎてしまい、数時間後のランチを終えて、次に向かったところは、姪っ子が双子ちゃんをイースターに産んだので、訪ねることになりました。

流産しそうになっていたので、元気に可愛い双子の女の子たちにも会い、今年結婚する予定でいた婚約者、そして、彼の家族とも会うことに、話には聞いていたが、身長が高い、2メートル以上はありそうで、体型がまさに、紀元前の彫刻のような筋肉もあり、まさに、彫刻の模型、古代考古の博物館で見た3Dのような堀の深い体型、また、ギリシャ人は女性も身長が高い人が多く、遺伝子が違うとこうも違うのかと思ったりしました。

赤ちゃんの名前を聞くと、ギリシャでは、洗礼されるまでは、名前がないらしいので、赤ちゃんを「ベイビーA ベイビーB」と呼ぶらしいので、驚きました。

来年には、結婚式をするので、その後、名前が正教会で登録されて、初めて、その子たちの名前になるらしく、文化の違いを感じました。

IMG_0775

それまでは、名無しなの?と、驚きました。

しかし、天気予報では、肌寒い、曇り、雨とかでしたので、最後に、軽めの冬物とジャケットも無理矢理押し込んだのですが、現地は夏でした。

暑すぎ、観光客の女性達のタンクトップでうろうろしていました。

数年前にアテネを訪れたときは、肌寒かったのですが、夏は暑く、秋がなく、冬が極寒になりつつあります。

今回はアパートを借りることにしました。

広くて、天井が高く、観光地で、歩いてすぐのところにお土産屋さんや、レストランもありました。

ぶらぶらしていたら、観光会社の女性に声を掛けられて、名刺をもらったので、次の日に写真の展示されているギャラリーに行き、そのあと、デルフィに行きたいというと、予約して貰いました。

「朝8時30分にどこどこに来て下さいね。」と、言われて、その後、インスタグラム映えするバーで古代ギリシャの赤ワインで有名な場所からのワインを一杯のみ、アパートに帰り、巨大なテレビが、2台もありました。

普段、テレビを見ず、スマホやipadで動画を見るのになれているので、これだけ大きいと逆に目が疲れます。

さて、いよいよ、デルフィ遺跡に行く観光バスに乗ることになりました。

バスにはすでに、大勢の観光客の方々が乗っていました。

多くのフランス語を話す観光客がいたため、ガイドさんは、英語で話し、フランス語で話すというギリシャ人のツアーガイドさんでした。

どうしても、多語学ですと、2度、同じことを説明するので、聞く側も疲れました。

私は海育ちで海派ですが、デルフィに行く途中の山々は、神々しい景色が続き、山の素晴らしさに魅力されてしまいました。

オリンパスが住んでいた山を訪れたことがありますが、デルフィに行く途中の山々は、ギリシャ神話のイメージにぴったりです。

IMG_0746

デルフィ遺跡は、世界の中心とさえ呼ばれていました。

その場所は、古くから預言の神様であるアポロンが崇拝され、お告げを受け取れることができると信じられています。

紀元前11世紀に、このような場所に神殿や宝庫を建てる技術があったことに驚きました。

もともとデルフィでは大地の女神ガイヤが敬われていたそうですが、最高神ゼウスの息子アポロンが母レトの出産を妨げようとしたガイヤの息子で大蛇のピュートンを矢で殺したことから、以来アポロンが神託を行うようになったと伝えられています。

IMG_0783

古代ギリシャ人にとって、アポロンはゼウスの子というだけではなく、理性と調和を備えた尊敬すべき存在であったためでしょう。

なぜ?デルフィは「世界の臍」と呼ばれたのか?

調べたところ、大地の中心を決めるため、最高神ゼウスが地平線の両端から放った2羽のワシが出会ったところがデルフィだったと伝えられています。

オンファロス(世界の臍)と呼ばれる神聖な石で、冥界の神々たちを封じるために、デルフィはギリシャの中間に位置しています。

IMG_0788

大地と空、山々が神々しく、なかなか、このような景色は見ることが出来ないですね。

アポロン神託を眺めていると、行き成り、どこからともなく、茶色イヌがアポロン神殿を横切りました。

ギリシャの神々は、何にでも、変わることが出来るので、ギリシャ神話の神様の化身だったかも知れません。

IMG_0802

その後、探してみましたが、その犬はどこかに行ってしまいました。

そのアポロン神託でのお告げをしていた巫女ピューティアは大地の裂け目から噴き出す白い煙(地震によってできた裂け目から立ち上がる蒸気のこと)を吸ってトランス状態になり、アポロンと交信していたそうです。

IMG_0768

アポロン神託にいると、神様の存在を否定できなくなります。

アポロン神殿は、長さ60メートル、幅23メートル、38本のドリア式列柱が前室、内室、後室を取り囲む典型的な様式にて、内室にはアポロン像が立ち、前室の地下にあるオンファロスの上で神託が行われていたそうです。

今現在の神殿は、紀元前370年頃のものだそうです。

紀元前6世紀頃には、すでにアポロン神殿が建築され、信仰と神託は全世界に広まったと言われています。

そのアポロン信仰は、ガイヤに代わり、紀元前11世紀頃から、ギリシャ全土へと浸透していき、紀元前8世紀頃は、宗教の中心地として、ギリシャの重要な戦いのときは、巫女にアポロンと交信して、お告げを授かっていましたが、ビザンティン帝国テオドシウス帝が異教禁止令を発令した394年まで続いていたそうです。

博物館にも行きましたが、よく観光バスが行くような土産店とかにも連れて行かれると思っていましたが、それもなく、博物館から出るときにあると思っていたお土産店は、他の敷地にあったため、断念しました。

バスがすでに来ていたので、それに乗って、遅いランチ、前菜、サラダ、メインコース、スイーツも出て来ました。

ギリシャ料理はハーブも使っていて身体に良いけど、ついつい、食べ過ぎてしまいます。

その後、こじんまりとした山あいの小さな町に立ち寄り、その後は、バスに乗ったところまで、私は爆睡していました。

最後に、デルフィ市と南砺市は姉妹都市らしいです。

富山県は訪れたことがありませんが、きっと、デルフィと同じような街並みなのかも知れませんね。

IMG_0959.jpg

短い旅でしたが、素晴らしい波動に包まれ、また、最近のアテネは活気がありました。

観光客で賑わう場所と共存した古代遺跡、そして、哲学という偉大な知恵を教えてくれたソクラテス、プラトン、アリストテレスのような天才が生活していた場所は、去年、訪れたヨルダンのペトラとはまた異なり、鮮やかなコバルトブルーを見ているだけも癒されました。

アポロン神殿に立った際に、受け取ったメッセージは、「バランスの取れた生活をするように、伝えて下さい。」でした。

私たちは、AI、IT、進化する中で生きています。

バランスの取れた生活は、地に足がつき、活気があり、愛に溢れ、表現豊かであり、洞察力にすぐれ、生活のあらゆる場面で、スピリチュアルに導かれることでしょう。

このような感覚を持つことで、人生は喜びであり、あなたの周りにいることを喜び、そして、あなたが「あなたらしく」生きることが出来るでしょう。

バランスの取れた生活は、意外と出来ているようで出来ていないこともあるでしょう。

精神性と肉体のバランスが取れることで、あなたを素晴らしい生活へと導いてくれることでしょう。

大切なのは、勝利するためではなく、前進するために、スピリチュアリストになることです。

正しいバランスの到達は、合格しなければならないという試験はありません。

素直な気持ちで、自然界と調和し、本当のあなたになることに気づくことで、それが成功へと繋がることを実感出来るでしょう。

あなたに神様の恩恵がたくさんありますように。

ありがとうございます。

IMG_1453.jpg

国際占い師カズコ⭐️YouTube

※機会があれば、アテネの国立考古博物館の画像もYouTubeにアップしたいです。

国際占い師カズコの2020年未来予知メッセージ

 

greek-shinden.jpg

スーパー台風の被害に遭われた方々へ、謹んでお見舞い申し上げます。

お身体をお大事になさって下さい。

そして、早く通常の生活に戻れるように、お祈り申し上げます。

※こちらのメッセージは、2019年9月の終わりに啓示を頂きました。

amethyst.jpg

【国際占い師カズコの2020年未来予知メッセージ】

2020年にどのようなことが起こるのか、ギリシャ神話の神様に訊ねると、アポロンから、2つのビジョンを見せて頂きました。

今回は集中して、日本がどうなるか? 何が起こるのかを見せて頂きました。

まず、1つ目は、「黒いあやめ」です。

黒色でしたが、紫色を黒くした感じの色で、咲き乱れていました。

日本では、あやめですが、英語ではIRISになります。

ギリシャ語では、イリスはこのように表示されます。(ギリシャ語: ἶρις

ギリシャ神話に登場する虹の女神は、結婚の守護神で、最高神であるゼウスの正式な配偶者であるヘラの使者として、空にかかる虹の橋を通り、足の速いイリスは「風の足を持つ」と呼ばれています。

全能なるオリュンポス12の長であるゼウスに仕えたヘルメスのメッセンジャーに対して、メッセンジャーガールとして、女神ヘラのお使い役でした。

また、他の神々の伝令も行っていました。

イリス(あやめ、アイリス)の花言葉は、アヤメ(アイリス)全般の花言葉は「よい便り」「メッセージ」「希望」という意味があります。

守護神ヘラの伝令使を務めていたこともあるので、「メッセージ」「よい便り」を伝令していた役目のイリスの英語での花言葉は「message(伝言、メッセージ)」「hope(希望)」「faith(信頼)」「friendship(友情)」「wisdom(知恵、賢さ)」です。

花の種類による花言葉によると、ジャーマンアイリスの花言葉は「燃える思い」「情熱」とあります。

カキツバタの花言葉は「幸せは必ずくる」という、幸福感を得られる言葉ですね。

日本ではあやめと言ったり菖蒲と言いますが、ハナショウブの花言葉はとても品格のある大和撫子を思い浮かべる言葉で、「うれしい知らせ」「優しい心」「優雅」です。

イリスは虹を人格化したもので、神々の伝令として、ギリシャ神話で、それほどの重要な女神として残されていませんが、イリスは空と海の女神であり、世界に雲を氾濫させるために、必要な水を与え「虹」という姿で出現します。

太陽が地球と天国を統一するようにイリスは人類と神々の間を繋げる役目を行っていました。

さて、そのイリスであるあやめの花が紫色ではなく、黒い色に近い色でしたが、黒は孤独や死を連想させるマイナスのイメージがありますが、決して悪いことばかりではありません。

チャクラで表現すると、第0チャクラになります。

グラウンディングになります。

◦地に足をつけて生きる(空想的になりすぎない)

◦自然界と地球との結びつきを強くする。

◦地球の中心にチャクラのコードをのばし繋がる。

今まで幾度も「ノアの方舟」の話をしていますが、ギリシャ神話にも、大洪水のお話が登場します。ギリシャ神話はすこし人間的な表現で記録されています。

人間はもともと土と水で創られたものだが、人間界に「女」が出現して以来、子供を産むようになり、増えて行ったため、まるで、「この世界は自分たちだけのもの」と、いわんばかりに横暴になって行きました。

動物を殺生して、捧げものとして差し出さす、神様よりも先に食べたり、神様への感謝の気持ちも薄れたり、忘れたり、風紀は乱れ、争い、盗み、強欲な思考で自分の利益を守ろうとするために、諍いが起き、「譲ることは損だ」「金持ちは成功者である」と思う者が増え、折角の知恵と能力を争いに勝つために使っていました。

「分かち合い、譲り合えば、避けられる戦い」もあったことでしょう。

healing hand-3.jpg

最高神ゼウスも地上での人間達の行いを見るに見かねて、「けがれは、洗い清めてしまわなければならない!」と、いう意思で、大自然の力こそが、神そのものだという真実を水で洗い流すことにしました。

ですから、神様を知るということは、愛を知ることであると同時に、この地球や大自然は、神様そのものであることになります。

精神的な疾患がこの地球に増えているのは、知恵を自分だけの欲のために使っていたりするため、その溜まり続けた邪気を浄化できないため、息苦しくなって来ていることを表しているのではないでしょうか?

また、日本に大洪水や台風が来るのにも、意味があります。

一番は、人間の悪い感情を浄化してくれています。

台風は、来ないであろうと思える場所にも上陸することが2020年も訪れることになります。

大きなエネルギーが去った後には、浄化が起こったことになります。

ですから、台風が去った次の日は晴天になり、空気が澄んで感じるように、何だか気分がすっきりして、高揚感を得られる敏感な人もいらっしゃることでしょう。

ネガティブなエネルギーでいる場所、また、神様そのものが大自然であることを思い出すことで、平和的で分かち合う精神性を持つ人が増えることで、浄化の必要は減ることになるでしょう。

もちろん、災害が来ないことに越したことはありませんが、力を合わせることの大事さや相手の事を心配して声かけてあげること優しい気遣いを思い出すことが出来るでしょう。

moonwithgirl.jpg

次のビジョンは、岡本太郎氏の《太陽の塔》でした。

太陽の塔といえば、岡本太郎の作品で、1970年の大阪万博の際につくられたことはご存知の方もいらっしゃると思います。

建てられて50年が経つことになりますが、今でも、多くの人を惹きつけてやまない不思議な芸術作品だと言えます。

私自身も、初めてあの太陽の塔を画像で見た時から、不思議な気持ちになりました。

「芸術は爆発だ!」と、いう名言を残している岡本太郎氏ですが、なぜ?50年前にあのような奇抜な発想が出来たのでしょうか?

太陽の塔とは一体何なのでしょうか。

まずは、世界で1970年には何が起こっていたか調べてみました。

日本万博博覧会(大阪万博)開幕、日本航空機よど号ハイジャック事件発生、アポロ13号打ち上げがありました。

大阪万博のテーマは、「人類の進歩と調和」でした。

この万博に行くにあたり、多くの人が、オリンパスのカメラを提げて行かれたことでしょう。

世界でヒットする製品や歴史に残る出来事には、ギリシャ神話に登場して来る神々の名前が付けられていることが多々あります。

アメリカのスポーツメーカーと言えば、ナイキですが、女神ニケを英語読みにしたことは有名です。

フランスの品格のあるエルメス、ヴェルサーチのシンボルはギリシャ神話でメドゥサです。

メドゥサは、とりわけ髪の美しさが際立つ美女でしたが、アテナを冒涜する行為を行ったためアテナの怒りに触れ、罰として彼女の美しい巻き毛は蛇となり、その上彼女の顔をみたものはすべて石になってしまう怪物になりました。

話しを1970年に戻します。

アポロ計画という名で、1969年7月20日のアポロ11号による人類初の月面着陸から、72年の17号まで、NASAが行った宇宙探査計画は、永遠の若さと美しさ、温かい心と冷静な頭脳を備えた太陽神の名前が付けられています。

黄金の馬車を駆けって天を駆ける万能の神に、最先端の科学の夢が託された名前です。

太陽神として、医学、数学、予言、芸術(とくに音楽)を司るアポロンは、多芸多才に加えて、オリュンポス神族随一の美男子でもありました。

芸術の守護神として、女神ムーサイ(ムーサたち、英語でミューズたち)が彼に従っています。

また、アポロンは弓の名人でもあり、人間に初めて医術を教えた医者でもあり、予言する能力もあり、ボイボス(輝ける者)とも呼ばれるように光の神であり、太陽の神とも見られています。

太陽の塔とアポロンが意味する日本は、2020年の夏に、東京オリンピックが開催されます。

2020年は多くの日の丸の旗を見ることになりそうです。

日本国旗の赤い部分は日、つまり太陽を象徴すると言われています。また紅白は日本の伝統色でめでたいものとされており、赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われています。

皇室の祖先とされる天照大神は太陽の神で、古来より人々に恵みをもたらす太陽は信仰の対象とされてきました。

ojizousan3.jpg

天照大神のご活躍によって、人々を救済して下さることでしょう。

神様を敬い奉ることなどそっちのけで、自分のお願い事ばかりして叶えてくれなければ文句を言い、叶ってもお礼参りもしないようでは、それでは、神様も不満に思われるかもしれません。

最近、流行りの御朱印集めも、本来の参拝した証として、つまり神仏とご縁を深めるために貯めることが目的になっているケースもあります。

あと、静かに祈りを捧げる場所であるところで、映像を撮りながらペラペラと話す人達もネットで見かけますが、神聖な場所ですから、いくら、他者にも見せたいという気持ちもあるのでしょうが、神様も最高神ゼウスと同じように「救いようがない」と、見放されないようにしましょう。

ポールシフトが起きてしまった地球ですので、どの場所でも、雨や雪など「水」には警戒が必要です。

最高神ゼウスも呆れてしまうほどの詐欺や泥棒、人のモノを奪うという意味では、不倫やその類の騒動が増えそうです。

また、道徳的に子供のお手本でなければならないような教師やその他の専門的な分野の人達が、グループでのいじめや陰湿なSNSでの匿名での中傷やママ友仲間の中で標的にした人を苛めたりしたことが公にニュースでも取り上げられることでしょう。

子供やペットの虐待が目立つ年になるかも知れません。

精神的にストレスがある人が、増えたりするため、もしも、ストレスを溜め込み始めたとご自身で気づく場合は、早めの対処をお薦めします。

喜び事も日本では多い年ですが、イベントが多い分、お祭りが終わったのちに、元に戻れない精神的な疲労が訪れることもありますので、地に足を付けた生活を忘れないで下さい。

浮かれ過ぎると、バブルが弾けてしまったときに、楽しい思い出はあるが、借金が残っただけとならないようにして下さい。

特に、都心では、スマートフォンで決済できる場所も増えるので、知らない間に、ハッキングされてしまっていたということにならないように、注意した方が良いでしょう。

お子さんがいるご家族で大勢の人が集まるところに行くときは、GPSを搭載したペンダントやお守りを持たせるようにした方が良いでしょう。

迷子になってしまったり、はぐれてしまったり、誘拐されてしまわないように注意することです。

2020年は、SF的な音楽やファッション、また、男性が18世紀のフランス時代のふりふりのファッションやピンク色を身に着ける人も増えそうです。

女性も2020年は恋愛よりも結婚をしたい若い世代が増えることでしょう。

最後に、2019年の12月23日から、木星が山羊座へと移行しますので、哲学を学ぶ人が増えることでしょう。

そういう意味では、太陽の塔は何だろう?と、考える人ことで、知恵がつくことでしょう。

Mirai.jpg

正統派の学びを通じて、何かを決断するときには、間違いのない判断を下すことが出来るでしょう。

正しい情報とともに、私利私欲のない決断により、生きやすくなることでしょう。

そして、運気も上がることになります。

ギリシャ語で、哲学を(φιλοσοφία)フィロソフィーと言います。

意味は、知恵の友です。

インターネットで検索すると、love of wisdomとありますが、ギリシャ人は「φιλο=友」「σοφία=知恵」と言っています。

ソクラテスの時代は知恵を学ぶ時代ですが、キリストの死後、愛になったのでしょう。

哲学を学ぶことをお薦めします。

2500年前ぐらいのギリシャでの哲学的な学びをしながら、進化した生き方を目指していくことで、平和的な生き方ができることでしょう。

2020年が、あなたにとって沢山の光のエネルギーが注がれ、幸多き年になりますようにお祈り致します。

ありがとうございます。

little-girl.jpg