カテゴリー別アーカイブ: 霊性

木星が射手座に移動すると、革命級の精神性を身に着けるチャンスが訪れる

20170514_fb8a90

2018年11月8日は、「幸運の天体」と言われる木星が射手座に入る日です。

 

ギリシャ正教会では、名前の日と言う日があります。

 

多くのギリシャ人、キプロス人は、聖人の名前を付けられていることが多いのです。

 

誕生日よりも盛大に名前の主が周りの人達を誘いパティを開催したり、少し前ですと男性には葉巻を配ったりしたそうです。

 

他の聖人の名前の日は、忘れることも多いですが、この11月8日は、大天使マイケルの名前の日であるので、覚えている人が多いです。

 

そんな幸運な日から、12年に一度の幸運の天体が、2018年11月8日から2019年12月2日まで射手座に留まります。

 

この日から、射手座生まれの方はもちろん、1年間は幸運を味わえる年回りになりそうです。

 

木星(Jupiter)は「幸運」「発展」「寛大」「成長」「繁栄や成功」「知識」「学問」「哲学」「宗教」「善の意識」などの司る天体です。

 

射手座の支配星でもある木星ですから、射手座の特徴である、哲学、宗教、考古学、高等教育、外国、言語、書物出版等に関係する事柄が話題になることでしょう。

 

更に、射手座の特徴であるスポーツ、健康、教育、海外旅行、高い精神性などの分野での活動を通じて社会で認められる機会が増え、成功しやすくなるでしょう。

canstockphoto9272109

 

〈射手座の良い要素〉

エネルギッシュ

楽天的

知識が豊富

おおらか

チャレンジ精神

探求心が強い

向上心が強い

いつも前向き

 

20140221_ed0841

〈射手座の悪い要素〉

興奮し過ぎると自分を見失う

計画を立てずに実行して失敗することもある

達成し、手に入れると飽きる、または中途半端

責任感がない

大風呂敷を広げ過ぎる

目標・目的を見失ってしまう

 

良い特徴である射手座であれば、概ね、楽しい人生を送ることが出来る、ポジティブ思考ですから、他の水の要素や土の要素を持つ支配星とは異なり、立ち直ることも早いでしょう。

 

2019年の5月1日には、新天皇、新皇后が誕生致します。

 

新皇后に雅子様となられます。

 

雅子様のお誕生日は、1963年12月9日です。

 

射手座が木星入りする年に皇后様になられます。

 

射手座の特徴でもある外国語などにもご縁がある人が多いのも特徴です。

 

話しはギリシャ神話になりますが、木星をジュピターと言うのは、英語です。

 

ラテン語で「ユピテル」、ギリシャ語で「ゼウス」と表現します。

 

全能の神様と言われ、沢山の神の子の父であるゼウスが、射手座の支配星で木星ですから、広範囲の行動力と宗教心、哲学的思考を持っている方も射手座には多いでしょう。

 

しかし、時として、行き過ぎたり、誇張し過ぎたり、目立ちたいという欲求が強くなり過ぎると、収拾して行くのが難しくなります。

 

良いか悪いかは別として、真実を求めるために、苦労を厭わず邁進していると思いきや、方向転換も早く、ポジティブと言えば良い時もありますが、人によっては飽きっぽさと映ることもあります。

 

もともと、高い精神性でチャレンジ精神も旺盛ですから、高い目標であれば、それに向かって進んで行くことが出来るでしょう。

 

身近に良い射手座さんがいる場合は、恩恵を受け取ることが出来るでしょう。

もちろん、射手座さんが近くにいない場合は、射手座の良い要素を真似ると良いでしょう。

 

射手座が興味を持つ、旅行、スポーツ、図書館、本屋、専門書、海外、外国人、哲学、多国籍料理、自転車、キャンピングカー、飛行機、カフェ巡り、探検・・・。

 

1488454971_pink-girl-hat

楽しみながら、冒険するような、童心に戻れるような感覚を持つと良いでしょう。

 

秘境や砂漠、気球に乗ったり、バンジージャンプ(自己責任で判断)にトライして見たりすると、更に、ポジティブになりそうです。

 

体感すること、経験すること、それが自信にも繋がることになるでしょう。

 

もう、数年前ぐらいから、体を鍛えることは当たり前のような風潮がありますが、射手座の特徴のスポーツするのが好きということもあり、2019年からさらに、スポーツ用品などが売れることでしょう。

 

星空を見るだけの為に、モロッコの砂漠に行くことで、この12年に一度の幸運を実感できる人もいらっしゃることでしょう。

 

社会的にも成功する人も増えることでしょう。

旅行と言えば、カメラですが、今後は、若い人はデジタルカメラよりも、ぼんやりとした画像が撮れるフィルムカメラに注目が移行することもあります。

 

昭和に流行った物、特に、1980年代の古い良き物が家に眠っていたら、是非、掘り出し物で幸運アイテムになるかも知れません。

 

健康志向の射手座さんは、ベジタリアンやヴィーガンになったりする人もいるかも知れませんが、身体部分で肝臓が射手座の弱点ですので、あまり、極端な食生活になると、将来、女性ですと、冷え性や女性疾患を招いてしまわないように気を付けて下さい。

herbaltea33

 

男性ですと、大勢でワイワイ盛り上がることも好きな人も多いので、アルコールの多飲や暴飲暴食には注意が必要でしょう。

 

また、スポーツ好きで、無理をすると、もう1つの弱点は大腿部です。

 

ジムに通ってムキムキになりたい人もいらっしゃることでしょうが、肉離れには注意して下さい。

 

木星が射手座に移動すると良い事も増えることでしょうが、AIやデジタルが進化し、発表されているのも射手座に木星が留まっているときです。

 

例えば、このような物が登場しています。

 

82年→ポケットテレビ

 

83年→ 電子手帳、ワープロ登場

 

95年→デジタルカメラ、Windows95

 

2006年→デジタル一眼レフ

 

これから先もAIが進化して行くことになるでしょう。

 

また、アナログから進化した物も増えることでしょう。

 

古い物と新しい物を使い熟せる人は、今後も重宝されることになります。

 

向上心の強い人が生き残れる時代になることになりそうです。

 

悪い天体ではありませんが、山羊座に留まっている土星と2018年5月16日から移行した天王星の組み合わせによって、不必要な物はどんどん淘汰されて行きます。

 

射手座木星時代には、蠍座木星時代では、通用しないことがあります。

 

それは、義理、恩、情のような、人間的な感情よりも、AI的な感覚で仕分けされてしまします。

 

世界各国の空港で導入され始めた自動化ゲートが増えて行くことでしょう。

 

それと同じような感覚で、コンビニ等も無人化でAIが管理することになりそうです。

 

その為、クレジットカードでキャッシュレス化が増えるお店も増えますが、同時に、インターネットで知らない間にクレジットカードを無断で利用されていたり、お年寄りに親切な振りをして近づき、詐欺的な犯罪も増えることでしょう。

 

射手座木星時代で幸運を掴める人は、知識や情報をいち早く取り入れた人になりそうです。

 

他人がワイワイ騒いでいるときに、勉強し、それを活かして、グローバルに活躍することが出来れば、リストラされることもないでしょう。

 

体力がある射手座さんが多いでしょうから、副業や起業する人もいらっしゃることでしょう。

 

ちなみに、12年前に流行語になった「格差社会」ですが、射手座木星時代には、さらに、この格差には、AIロボットという強敵も現れました。

 

ですから、生き残りたい、成功したいのであれば、自分の才能+射手座の才能、そして、付加価値を付けて行きましょう。

 

最後に、射手座木星時代の恋愛は、中性化的な要素で、頭も良く、体力もある人がモテるときです。

 

女性であれば、高身長でスレンダー、男性であれば、細マチョが話題の中心になるでしょう。

 

ファッションは、アニマル系であったり、砂漠をイメージするような茶色やベージュが流行りそうです。

 

射手座の人も、そうでない人も、幸運を掴んで下さい。

 

元気が出ないときは、エッセンシャルオイルや香水を柑橘系に変えてみるだけで、射手座のエネルギーを手に入れる事が出来るでしょう。

 

射手座さんにとって、極上の年回りになりますように!

 

ありがとうございます。

1418386896_dog-cat

広告

ポールシフトは始まっているのか?

bluemoom

世界的な天変地異が21世紀になって起きています。

降水量が少ない場所で豪雨に見舞われ、雨が普段降るようなイギリスや欧州では、もう2か月間雨が降らず、山火事も発生しています。

地震や火山も活発化して来ています。

他人事ではありません。

2018年の夏は尋常でないほどの暑さになっています。

南半球でも、今年の冬は例年の寒さではないほど気温が下がっています。

アフリカのサハラ砂漠では、雪が降るという現象が起きました。

ここ最近のグリーンランドでは、巨大な氷山が崩壊し、津波が発生しました。

2018年の7月は世界各国で竜巻が発生しています。

ニュージーランドでも、泥噴火が起きています。

世界のどこかで、今までに経験したことがないような不思議な傾向を目にしています。

アセンションで次元が上昇していますが、それと同時に、地球のポールシフトが始まっているからかもしれません。

かなり前から、科学者などからも、2030年には、氷河期の到来があると発表されています。

本当にそんなことになると、あと、18年間で地球では生きて行けなくなるのでしょうか?

異常気象の原因は、何のでしょうか?

そのヒントとなる民族が存在します。

inuit3

その民族は、イヌイットです。

ポールシフトに関して、イヌイット(※)がNASAに警告をしました。

※氷雪地帯に暮らす先住民族、独自の文化を守り自然と密接に暮らしています。

ポールシフトという言葉を聞いたことがない方もいらっしゃるでしょうから、ポールシフトとは、何か?

inuit2

ポールシフトとは、地球の地軸または地極が移動し、磁場が反転する事。

このまま地軸がズレ続けると、世界の気候が大きく変わって行きます。

極端に言えば、南国が雪国になり、雪国が、南国になることもあり得ます。

さらに、人間だけに被害があるのではなく、世界的気候変動に適応できない動植物が発生し、現在の生態系が崩壊して行くことになります。

結果的に、食料問題など人類に大きな影響を及ぼします。

さらに、怖いのは、地極のポールシフトです。

イヌイットたちからの警告内容は、イヌイットは朝起きてすぐ、天気を確認するという習慣があるため、太陽がどこから登りどの位置に沈んでいくということを正確に把握しているそうです。しかし現在、太陽が本来沈むべき位置から数キロ離れた場所に沈んでいると、言っています。さらに、「夜空の星の位置も本来あるべき場所とは大きく違うところに存在している。」

これらが、事実であれば、確実に地球の軸が傾いていることを裏付けている証拠になります。

inuit1

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

さて、その前に、私は日本に生まれて、日本人として誇りを持ちます。

もちろん、海外生活が長いので、美化していると言えるかも知れませんが、災害が起こると、その国の民度が窺えます。

奪い合う人種ではなく、譲り合える人種であることは確実です。

21世紀になれば、戦争がなくなると信じていましたが、奪い合う思考を持っている人達によって、この地球は何度も警告を受けていても、変えることが出来ないのでしょうか?

同じ地球人として、仲良くシェアすれば、すべての人に行きわたるほどの物質はあるのではないでしょうか?

もう、かなり前になりますが、こんな本がありました。

inu-keshiki

『世界がもし100人の村だったら』

それから、少しずつ、意識革命があった国もありますが、全くと言って、以前よりも、民度が下がった人種もいます。

それは、やはり、守銭奴的な感覚を持ちすぎている国は、何事にも、「お金さえ出せば、悪い事をしても、許される。」という、間違った感覚を持っているからでしょう。

生きて行くには、お金はないよりはあった方が良いでしょう。

しかし、道徳的に悪い事をしても、お金で他人をコントロールするためではないのです。

お金を道具として扱うのではあれば、生活に潤いも出て来ることでしょうが、必要以上に貯めこんでも、あの世には持って行けません。

それよりも、他人が困ったときに、差し出せる心構えを持った人間になることで、自分に何か起きたときに救われることでしょう。

先月ミラノに行ったときに、ある教会で、ノアの箱舟を描いた絵を観る機会がありました。

milano-2018-3

旧約聖書のノアの箱舟〈創世記 6・1~9・1〉

〈神は地上に増えた人々の堕落(墜落)を見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた〉

神様が創造した地球とはかけ離れた思考を持った人が増えすぎています。

分け与えるのではなく、奪い取る、競争することばかりに目を向けても、霊性は上がることはないでしょう。

今一度、なぜ、この時代に生まれ変わったのか思い出すことです。

「なぜ?この世に生まれ変わったのか?」 その目的を思い出すことが出来ない場合は、注意信号です。

この世的な誘惑に負けてしまい過ぎると、知らずして、自堕落な方へ連れて行かれることがあります。

日本人だけが対象ではありません。

出来る方から、地球の為に行って下さい。

・心の浄化と自己の魂を向上させる。

・自分を知る(天命、使命、カルマ等)

・魂以外は、この世での物質は借り物であることを理解する。

・自分と同じ感性を持った人と付きあう(特に、年配の方々)

・大自然の中で生かして貰っていることに感謝する。

・愛と奉仕、そして、勇気に生き、行動力や実行力を身に付ける。 

 

旧約聖書には、「神はいつも、人の過ちを厳しく罰し、信じる者たちを導く。」と、あります。

私たち人間は、科学が進化し過ぎる中で生きていますが、やはり、自然と人間との共生が大事だと思います。

心より、感謝致します。

ありがとうございます。

☆10年前に書いたブログ☆

2008年7月8日

「無償の愛」

できない動植物が発生し、現在の生態系が崩壊して行くことになります。

結果的に、食料問題など人類に大きな影響を及ぼします。

さらに、怖いのは、地極のポールシフトです。

イヌイットたちからの警告内容は、イヌイットは朝起きてすぐ、天気を確認するという習慣があるため、太陽がどこから登りどの位置に沈んでいくということを正確に把握しているそうです。しかし現在、太陽が本来沈むべき位置から数キロ離れた場所に沈んでいると、言っています。さらに、「夜空の星の位置も本来あるべき場所とは大きく違うところに存在している。」

これらが、事実であれば、確実に地球の軸が傾いていることを裏付けている証拠になります。

では、私たちはどうすれば良いのでしょうか?

さて、その前に、私は日本に生まれて、日本人として誇りを持ちます。

もちろん、海外生活が長いので、美化していると言えるかも知れませんが、災害が起こると、その国の民度が窺えます。

奪い合う人種ではなく、譲り合える人種であることは確実です。

21世紀になれば、戦争がなくなると信じていましたが、奪い合う思考を持っている人達によって、この地球は何度も警告を受けていても、変えることが出来ないのでしょうか?

同じ地球人として、仲良くシェアすれば、すべての人に行きわたるほどの物質はあるのではないでしょうか?

もう、かなり前になりますが、こんな本がありました。

『世界がもし100人の村だったら』

それから、少しずつ、意識革命があった国もありますが、全くと言って、以前よりも、民度が下がった人種もいます。

それは、やはり、守銭奴的な感覚を持ちすぎている国は、何事にも、「お金さえ出せば、悪い事をしても、許される。」という、間違った感覚を持っているからでしょう。

生きて行くには、お金はないよりはあった方が良いでしょう。

しかし、道徳的に悪い事をしても、お金で他人をコントロールするためではないのです。

お金を道具として扱うのではあれば、生活に潤いも出て来ることでしょうが、必要以上に貯めこんでも、あの世には持って行けません。

それよりも、他人が困ったときに、差し出せる心構えを持った人間になることで、自分に何か起きたときに救われることでしょう。

先月ミラノに行ったときに、ある教会で、ノアの箱舟を描いた絵を観る機会がありました。

旧約聖書のノアの箱舟〈創世記 6・1~9・1〉

〈神は地上に増えた人々の堕落(墜落)を見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた〉

神様が創造した地球とはかけ離れた思考を持った人が増えすぎています。

分け与えるのではなく、奪い取る、競争することばかりに目を向けても、霊性は上がることはないでしょう。

今一度、なぜ、この時代に生まれ変わったのか思い出すことです。

「なぜ?この世に生まれ変わったのか?」 その目的を思い出すことが出来ない場合は、注意信号です。

この世的な誘惑に負けてしまい過ぎると、知らずして、自堕落な方へ連れて行かれることがあります。

日本人だけが対象ではありません。

出来る方から、地球の為に行って下さい。

・心の浄化と自己の魂を向上させる。

・自分を知る(天命、使命、カルマ等)

・魂以外は、この世での物質は借り物であることを理解する。

・自分と同じ感性を持った人と付きあう(特に、年配の方々)

・大自然の中で生かして貰っていることに感謝する。

・愛と奉仕、そして、勇気に生き、行動力や実行力を身に付ける。 

 

旧約聖書には、「神はいつも、人の過ちを厳しく罰し、信じる者たちを導く。」と、あります。

私たち人間は、科学が進化し過ぎる中で生きていますが、やはり、自然と人間との共生が大事だと思います。

心より、感謝致します。

ありがとうございます。

☆10年前に書いたブログ☆

2008年7月8日

「無償の愛」

幸運の扉を開くカギのパワーゾーンへの旅に行って参りました。

 

milano-2018-10-a.jpg

今年のパフォスでのカーニバルの次の日に、数年前に胆嚢の手術をした後に、傷口が盛り上がって来て、ボタンでこすれて痛痒くなったので、キプロス前大統領の手術をしたという名医のお医者さんに再手術をして貰うために、ニコシアに行く日々が多かったため、今年は旅行に行けないままでした。

私の体質は、ケロイド体質らしく、場所によりますが、胸のあたりの傷と、お臍の中の傷は、少し小さくなりましたが、あまり変わらないです。

最初の手術で糸を使っていたので、気にならなかったのですが、数年後に各火山のように盛り上がり、痛痒くなければ別に良かったのですが、盛り上がり過ぎて、ヒリヒリしたので、手術をして貰いました。

麻酔でお臍をぐりぐりされたときの方が痛く、ドクターの腕を掴んでしまったぐらいです。笑

鑑定の方も休みなく働いていたのですが、やはり、どこかに行きたくなり、今年はイタリアモードでした。

前回のローマの7日間の滞在中に胆石が尿道に移動し、5日間も病院で点滴を受けたりしていたのですが、今回はミラノに決めました。

マイケルの誕生日と、結婚記念日も兼ねて、イタリアに行くことにしました。

マイケルはヨルダンか、モロッコが良いと言っていましたが、6月の中旬の中東やアフリカは暑すぎるので、次の機会に譲ってくれました。

基本、ガイドブックも買わないまま、うろうろするタイプなのですが、今回、ホテルを予約しているとき、ミラノと言えば、名画の【最後の晩餐】を見る事が出来ないか?と、思い、検索していたら、予約制らしく、それも数か月前に予約するらしいので、ダメ元で、チェックしていたら、丁度、最終日に予約を入れることが出来ました。

しかし、イタリア語で、何が書いているのか理解出来ず、まぁ、適当に予約して、ダメだったらダメで・・・。と、思い、予約を完了しました。

milano-2018-2-a.jpg

レオナルド・ダビンチの絵は、全くと言って、わざわざ、パリに行っても、ストライキだったり、他の名画もそこにあると情報があるのに、行くと、美術館の工事で、そこにはなく? ダビンチとはご縁がないのか?と、半ば諦めていました。

今回も、壁画を見るために、早く起き、タクシーで15分ぐらいだから、予約していた時間の20分前には、印刷した予約の紙をチケットに交換しないといけないと明記されていたので、30分前までに教会に到着できるように、タクシー乗り場へ行きました。

普段ですと、誰も待っていない光景でしたから、余裕で45分ぐらいあれば、タクシーにて10分プラスぐらいで、行けると思っていました。

しかし、なぜか?スーツを着た人達が同じ時間に、数百人待っていました。

1人ずつ、または、2人ぐらいでタクシーに乗り込むため、全然、前に進みません。

電車でと思いつつ、場所を把握していないので、タクシーの方が良いと思い、30分待って、やっと、タクシーに乗れました。

一度、赤で留まると、次も赤で、その上、混んでいたので、着いたのは、予約していた2分前でした。朝の10時15分から入館できる予定で、時計を見ると、10時13分でした。9時50分頃には到着して置かなけばなりませんが、タクシーに乗ったのが、10時過ぎでした。

グループで入場するらしく、閲覧時間は15分間だけです。

タクシーを降りて、どこに行けば良いかも分からず、紙を見せると、「まだ、2分も余裕がありますよ~?」との答えが、こういうときほど、地中海人の性格だからこそ、すこしおまけしてくれる感じです。

今回もタクシーの中で、やっぱり、ダビンチとは縁はないのね?と、思っていました。

でも、壁画は移動しないので、また、ミラノに来ることになるの?と、思いました。

milano-2018-6.jpg

今回は、私自身の過去世で生きていた場所に行くことにしました。

天王星が移動したこともありましたので、記憶にある場所に行きたかったのですが、マイケルは「日帰りでも良いのでは?」と、言っていましたが、ミラノから電車で2時間半掛けて、泊らないでミラノに帰るの?と、思い、2日間だけ、ヴェネチアに滞在することにしました。

これまた、ガイドブックを見ない2人ので、電車に着いて、タクシーがある?と思っていたら、ボートタクシーしかなく、インフォメーションセンターの所へ、イタリア人のマダムぽっい女性がそこの行き方だけを教えてくれればいいのに、「どこから来たの?」に始まり、後ろも詰まっているのに、ダラダラと話を続けて、返答する方も早くして頂戴と思いつつ、まだ、終わらない感じでした。

milano-2018-4-a.jpg

やっと、満足した話しが出来たのか?

地図に印を付けてくれました。

地図もブックレットを勧められましたが、荷物になるので、普通の地図にしました。

地図代にお金を払い、ボートに乗ることにしました。

荷物は2日間分だけでしたが、自力で歩かないと行けません。

ボートタクシーは高かったので、ボートに乗り込みました。

水のエネルギーが目の前に現れたときは、故郷に帰って来たと思えるほど感動的でした。

milano-2018-8-a.jpg

ボートに10分ほど乗って、そこからは、自力でホテルまで、小道と階段を登りおり、何度か、地元に人に訊ねると、気さくに、言葉は分からないけど、ニュアンスは分かる感じで、ホテルに着き、どこかはっきりしないので、地図を見ていたら、ホテルの中から、スタッフの人が出て来ました。

思い切り、教会の前で、分かると思えるのですが、兎に角、道、道、迷路のようで、方向音痴の私には、目じるしにするにも、塀で囲まれていて、一度、迷うと、どこに行っているのかも理解出来ないぐらい中世のヴェネチアにタイムスリップした気分になりました。

ミラノの部屋はモダンな場所を選びましたが、ヴェネチアは、予算の関係もあり、適当に選びましたが、金色と黄色と鏡だらけでした。

広く、こじんまりとしたホテルでしたが、とっても良かったです。

荷物をおいて、一息したら、ランチをしに、水辺の場所に徒歩で行きました。

ゴンドラは30分80ユーロらしく、日差しが強く、イタリアに行く前に天気予報を3か所から見ていた時に、雨、雨、雷雨?温度も、低く、夜も11度?とか、書いていたので、長袖、序に、傘も?と思いつつ、傘はどうしても必要な場合は現地で買っても良いかと思い、荷造りをしたのですが、暑い!空港に着くまで雨が降っていたらしいのですが、晴れました。

それも、暑すぎるぐらい晴れました。

しかし、物価の高さは驚きです。

milano-2018-5-a.jpg

ミラノで、最初の日はカンパリクラッシックを飲み、あまりにも、強すぎて、苦みがあるので、アペロールの他のバージョンを飲むことに、メニュには1杯12ユーロと書いていましたが、支払のときに、私がそれを2杯飲み、40ユーロ?訊ねると、「大きいのを飲んだから・・・。」と言われましたが、普通のサイズでした。

次の日に、歩いていたら、凄い大きいサイズのグラスで飲んでいる人がいて、ぼったくられました。

ビールも平均8ユーロから10ユーロでした。

ヴェネチアも同じぐらいでした。

ヴェネチアで飲んでいると、隣の人が巨大なビアジョッキーで飲んでいて、女の子が寝ている片手でグビグビ飲んでいました。

何となく、話始めることになり、その男性はアメリカのコロラドから今日、ヴェネチアに着いたので、奥さんともう一人の娘が買い物中に、ビールを飲みながら、可愛い女の子の子守りをしているということでした。

アメリカ人の彼は、家族でヴェネチアに来たのは初めてで、それも、5日間だけだけど、家から26時間、乗り換えで来たらしく、普段はプライベートのパイロットで、国内を飛んでいるらしく、電車に乗るのが趣味らしいので、今回も他にも行くけど、電車移動らしいとのことでした。

イタリアの新幹線みたいのを私もネットで予約しました。

国営らしい新幹線もありましたが、ミラノからヴェネチアまで2時間半だし、ペイパルで支払出来る会社にしました。

日本で言えば、指定席でした。

値段も安かったので、飲み物も無料で2度ほど貰いました。

電車の中でも、無料でWIFIが使えるので、快適でした。

私にとって、今回のイタリア旅行は、故郷に帰れた気分にしてくれた上に、満喫出来ました。

パフォスに帰ってからも、ヴェネチアにもう少し住んで見たいと思いました。

しかし、自転車もダメらしいので、徒歩でうろうろすることになりそうです。

milano-2018-28-a.jpg

幸運の場所に移動することで、自分を知ることが出来ます。

もしも、ご家族の中に、ご病気の方がいた場合、その人の代わりに旅行することも出来ます。

生まれ持った才能を見つけたり、キャリアアップや、名声を得たい時、パートナーとの関係を良くしたい、複雑な人間関係の問題を解決したい、人助けをしたい、自分を変えたい、結婚したい・・・。

行く場所によって、受け取るエネルギーも変化します。

日本国内でも、幸運な場所は人それぞれ、異なります。

未来を良い方向へ変えたい人は、未来が少し予想出来れば、気持ちが楽になります。

老後は、ヴェネチア辺りで絵を描いたり出来ればと夢を膨らませております。

ありがとうございます。

※近日中に、FBページにて、ミラノ&ヴェネチアからのお土産をアップします。

milano-2018-19-a.jpg

過去世からのあなたは赤い糸で繋がれているソウルメイトとどんな約束を交わして生まれ変わったのか?

 

soulmateorage.jpg

生まれ変わった目的、使命、天命を知ることで、魂をより成長させ、宇宙と繋がることが出来ます。

しかし、「人生の目的」を知っても、何もしないままでは、数週間、数か月、数年経つと、今までと同じような「心のクセ」の習慣化された思考に戻ってしまいます。

生まれ変わる前は、「今度、生まれ変わったからには、自分の才能を活かし、何を実現させ、このような人生を送りたい・・・。」と、思いを巡らせて、計画をして来ています。

過去世で失敗したり、後悔したりしたことは、今度は同じような過ちを繰り返すことはしないようにと、「試練」「課題」として、設定して来ている場合も少なくないです。

さらに、現世では、誰と出会い、その人との過去世で果たせなかった課題も含めて、どのような「愛」を育てて行くのか、ということもお互いの魂の成長の為に、考慮して設定して生まれ変わっています。

light-girl.jpg

最終的なゴールは、完璧な愛に溢れた高次元の魂に近づくためです。

そのために、魂は幾度も、転生を繰り返し、霊性を上げ続けて行きます。

愛を一番に実感しやすい人間性は、愛する人を見つけることです。

ここ最近は、日本も含めて、結婚をする年齢が遅くなっています。

キプロスのお隣の国で姉妹国でもあるギリシャでも、女性が結婚する平均年齢は35歳ぐらいからだそうです。男性の場合は、40歳ぐらいだそうです。

フランスのように、結婚しないカップルも増えています。

ユダヤの教えには、「人生で遅くても構わないものが2つある。死と結婚」と言われています。

30年前ぐらいの日本では、売れ残りのクリスマスケーキにならないようにという言葉がありました。

25歳では、遅すぎるという意味です。

今では差別語になると言えるのではないかと思えることを年配者は平気で、30代の女性に言っていました。

そもそも、妥協して決めた相手と本当に幸せになれるのか?

幸せの定義は、人によって様々ですが、婚活で頑張っている人達は、結婚相手に多くの条件を求めていることが少なくないでしょう。

一昔ですと、近所に世話焼きな人がいて、お見合いを薦めて来る人もいましたが、ここ最近は、身分の差別もなく、自由に恋愛が出来るようになりました。

ですが、自由恋愛だからこそ、自分に合った人を見つけるのは難しいこともあります。

数回会っただけで、条件に合ったから、結婚する人もいます。

もちろん、その人とはご縁があって、結婚を決めたのでしょうが、魂の伴侶としての相手であれば、2人に愛があることでしょうから、人生で遭遇する困難を伴に、乗り越えることが出来るでしょう。

しかし、条件で決めてしまった相手と心が通じ合うことが出来ない場合は、相手の条件が変化することで、そこには愛がなければ、長続きしません。

焦って結婚をしてしまった場合は、相手と生まれる前から設定していない魂と初めて関わるために、どこか、気の抜けたサイダーを飲むかのような気分になるときがあります。

また、過去世からの影響で、現世では、「次はこの人」と、一緒に夫婦、または、パートナーになることで、2人の本来の魂の使命を思い出すことが出来ます。

運命の相手と出会うとビビッと来て、身体中に電気が走ったような感覚をするだろうと思っている人もいらっしゃるでしょうが、誰でも特別な感情が湧くとは限りません。

意外と、最初の印象は「馬が合わない」「真逆だ!」と、感じることもあるでしょう。

もちろん、懐かしさを感じることもあります。

Romance_by_immortal_darkness.jpg

また、物理的に何年も離れていたり、遠距離恋愛のような国を越えた場所にいるのに、「なぜか、ずっと気になる」ということもあります。

その感情の奥底には、「何かを感じる相手」なのです。

さらに、相手と交流を深める中で、その相手は「良い影響」を与え合えるわけでもありません。

それは、ソウルメイトも、あなたも、生まれてから今まで、同じように成長を遂げているとは限らないからです。

どちらかの魂が、「成長すること」をさぼり、未熟な魂のままでいたならば、出会っても、ピンと来ない場合もありますし、相手の発言が嫌で会いたいけど、会いたくないという気持ちに陥ることもあります。

「良薬苦し」という言葉もありますが、未熟な魂が成長して行く為に、本能的に相手の弱点を突いた会話をすることもあります。

若ければ若いほど、その発言で傷つくこともあるかも知れませんが、年を重ねて再会したときに、未熟な方が試練を乗り越えて、成長していれば、同じような価値観に到達したことで、話も合うことでしょうし、良い関係が築けるようになっているかも知れません。

お互いに「成長したい」という意欲がなければ、ソウルメイトが持つ、特別な魂の伴侶として、より良い形で発揮することは難しいでしょう。

真のソウルメイトと出会い、その特別な関係をポジティブな方向に活かして行くには、「心を開いて魂を見せ合う」ことです。

魂を見せ合うということは、「自分の心に素直になる」ということです。

I_Want_to_Fly.jpg

相手に、自分の都合で愚痴を言ったり、コントロールしたりすると言う意味ではありません。

そのためにも、何度も申し上げていますが、「自分を知る」ことが重要なのです。

1人でいるときよりも、愛する人といると、感情のコントロールが難しくなります。

まずは、お互いの関係から生まれる自分の感情を冷静に見つめることです。

その感情が自分にどのような「本質」を伝えたいのか、理解する必要があります。

自分と向き合うことで、よりいっそう自分を理解することが出来ます。

自分に対する理解が深まれば、「心のクセ」を克服したいと願うことでしょう。

そして、心は軽くなり、相手に対して自然に心を開くことが出来る事でしょう。

赤い糸で繋がっている真のソウルメイトは、相手の魂の成長を待ち続けています。

もちろん、出会う時期や場所、タイミング、カギになる共通の誰かを通じて繋がりを持たせる出来事も生まれて来る前から話し合っています。

同じように「出会う時期」でも、「何歳になったら、出会う」と決めていることもあれば、「互いの魂の成長がどれぐらいになったら、出会う」と、決めている場合もあります。

shaman-slavic-26.jpg

確実に運命の相手と出会うためには、「生まれた目的」を知り、「互いが設定した使命に向い、魂を成長させること」です。

魂を成長させることで大事なことは、カルマの清算も不可欠です。

この世に偶然の出来事は起こりません。

例え、偶然に思えても、その現象が起こるべき理由があります。

例えば、あなたを好きになった男性から告白されたとします。

しかし、その相手を好きになることが出来ません。

skybuleaure.jpg

そして、「こんな魅力のある私と付き会おうとしても、釣り合うことはないでしょう?」と、相手を見下した言い方をしてしまって、その後、その相手の友人だと知らずして、好きになってしまい、交際を申し込んだら、自分が言ったような口調で断れてしまい、辛い思いをしてしまうような出来事は、敢えて、自分も同じように「人に見下されるとこういう気持ちになるのか、次からはしないように」と、その辛い思いを通じて、「人を思いやること」を学ぶことが出来るのです。

私たちが生きている世界は3次元ですから、「自分の蒔いた種」が返って来るにも時差があります。

良い行いをしていれば、それは宇宙貯金として、貯まり、明日かもしれないですし、1ヵ月後、10年後、または、来世に返って来ることになるかも知れません。

良い行いを続けても、肝心な相手と出会うことが出来ないと嘆いて、未来に不安を抱えてしまう人もいらっしゃることでしょう。

もしも、そう思っていても、諦めることはありません。

girlwithwhitedress.jpg

しかし、あなた自身が変わる必要はあります。

いくつかの方法があります。

・ネガティブな自分と向き合い、そんな自分でも、認めてあげること。

・幼少時代に受けたトラウマが意識的に自分の視野を狭めていることもあるので、視野を広げる経験をすることです。

・親との関係で委縮している場合もあります。改善するためにも、親の良い所を見つけ、楽しかった思い出や写真を見て、自分を癒しましょう。

・お付き合いしている場合は、相手の姿に焦点を当て、感謝することです。

・失敗に思えるような人間関係の中には、幼少期の親との関係を再現している場合もありますので、苦しかったこと、辛かったこと、寂しかったことをノートに書き出し、その人達を許してあげることです。

そして、最後に、どんな時でも、頑張って来た自分を褒め、どんなにダメな自分でも、認めてあげることです。

app1angel.jpg

素直に、明るく、謙虚に、行動することで、あなたの魂は成長して行くことでしょう。

そして、気づいたときには、心から笑え、あなたの側に、過去世からのご縁のある人と共に、この人生を歩いて行くことになるかも知れません。

ありがとうございます。

苦しい逆境のとき、どのように受け取るのか?

canstockphoto6384754

どんなに順調に人生が進んでいるように見える人でも、生きていれば、最低4回は劇的に運命が変わるような出来事が訪れます。

辛いからと言って、避けて通ったとしても、後々、同じ道を通ることになります。

それは、愛する家族との別れ、大切な人との別れ、長年尽くして来た会社の倒産や解雇、職場での人間関係、学校での友人関係、信頼していた友人の裏切り、ママ友とのお付き合い、結婚相手の家族との折り合い、自分の病気、家族の病気、さらには、老いて行く親の介護等・・・。これだけはあって欲しくないと思って来たことが現実に起こり、突然、目の前に現れてしまうことがあります。

突然の出来事で、暗く先の見えないトンネルの中に懐中電灯も持たないで放り出された感覚によって、重く塞がれた扉で、押し潰そうになるかも知れません。

すべての道が失われてしまったかのように、出口を探す気力さえも残っていないかも知れません。

もしも、そんな状態に陥ってしまったときは、誰かにあなたの悩みを声に出して聞いて貰うことです。

その心の痛みを放置していると、いくら心が柔らかい人でも、固くなり始めます。

そうなると、いくら立派で素晴らしいアドバイスをして貰っても、辛い状況を理解してくれない人を拒絶してしまうことで、自分自身を追い詰めてしまうかも知れません。

自分の力で人生を切り開いて来たという人ほど、辛い出来事が訪れたとき、それを何とか自分1人で解決しなければならないと思うものです。

誰の助けも求めず、「今まで、遣れたことだから、出来るはずだ」と、これからもそうしなければならず、その痛みに耐えれば、きっと、道が開かれると考えてしまうかも知れません。

自分を追いつめ、自分に喝を入れ、逆境を克服することは、勇敢な自分という相手(敵)と戦い勝利することになるかも知れません。

もちろん、その考えは正しいでしょう。

しかし、前に進むことだけが、求められている社会の風潮がありますが、人生で訪れる運命を変えるような出来事には、必ず、意味があります。

時には、立ち止まり後ろを振り返り、どんな道を歩んで来たのか?確かめることで、深く自分の人生を見つめることが出来ます。

休むことで、自分が求めていた道へと繋がる人との出会いがあるかも知れません。

girlwithwhite

我武者羅に慌てて、前に進んだとしても、それは、山登りに行って景色も見ずに、山を下り、また、次の高い山を目指して登り続けるという、流れ作業のような味気のない人生にある時期に至ると感じることになることでしょう。

私たちは痛みを経験することで、他者に優しく接することが出来るようになり、また、強くもなれるのです。

精神的な痛みがあるときは、心の安定のないことを気づかせてくれます。

私たちが大切にしなければならない状況であることを教えてくれています。

目に見えない辛さと苦しさですが、その痛みを通して、私たちは自分自身の本来の生まれて来た意味を探し始めることが隠されていたりします。

社会的な痛みは、あなたが人と人との結びつきの中でどのような生き方をしているのか、気づかせてくれます。

晩年期頃になると、霊的な痛みを感じる人がいます。

それは、物質的には満たされた人生だったが、「このような人生で良かったのか?」と、いうような、目的を見失ったことへの焦りが現れることがあります。

どのような痛みが訪れたとしても、その痛みが大きければ大きいほど、あなたの心を揺さぶります。

そして、あなたの結論は、「このままではいけない!」と言う、メッセージを受け取ることになります。

健康状態、精神的な苦痛、社会的な失敗・・・。その出来事は宇宙からの呼びかけです。

時間を掛けて、耳を傾けて聞いて下さい。

運命を変えるような新しい生き方を始めるステージに来ているかも知れません。

新しい人生、新しい人との出会い、新しい感覚など、あなたは今見失っていた何かを思い出す時期に来ているかも知れません。

あなたがこの世で本当にやり遂げる使命を思い出すために、何か新しく始めなければならないことがあるかも知れません。

宇宙はあなたに何かを語りかけているときです。

あなたは苦しいからと言って悲しんではいけません。

避けられないほどの苦痛を味わう出来事は、宇宙からの贈り物です。

苦しいときに多くを学ぶことが出来るチャンスでもあるのです。

苦境の中から新しい生き方を見出すことが出来ます。

世界中で活躍する人々は、多くの苦しみを経験しています。

中でも、病気と向き合い、余命が尽きるまで商品を手掛けたスティーブ・ジョブズ氏の凄まじい葛藤によって生み出された商品の数々は、劇的な生き方をした彼らしい生き方の証になりました。

今、痛みを抱え、苦しみの中にある方こそ、事実に目を向けて下さい。

ありがとうございます。

canstockphoto5260681

 

ソウルメイトを探し求めて~どうすれば会えるのか?PART35

【運命の赤い糸の人と出会い、幸せな人生を生きる】

little-girl.jpg

真のソウルメイトに再会するためには、必ず、意識の次元を向上させる必要があります。

出会っただけでは、深い関係に繋がることは出来ません。

特に、ソウルメイトの中でも、ハードルの高い、ツインレイと現世で一緒に使命を果たす計画を立てている魂ほど、過酷な人生を歩むことがあります。

なぜ、ツインレイと出会う為に、過酷な人生を選んで生まれ変わっているのか?

その理由は、神様、宇宙と呼ばれる創造主の願いを人間の架け橋として、人の意識の次元を引き上げ、魂としての成長を助けるという使命を堅く決心して生まれています。

過酷な人生を選ぶ多くの魂はほぼ古い魂です。

前世療法のようなセラピーを受けることも出来ますが、今回はこちらの項目チェックをお試しください。

Mirai.jpg

あなた自身が古い魂かどうかを知るための項目チェック

1・秘境と呼ばれているような古い歴史のある場所に興味がある、または、訪れたことがある。

2・星や天体に興味がある。特に、太陽や月に興味がある。

3・スピリチュアル、精神世界に興味がある。

4・海や山、自然が好き。

5・クリスタル、水晶、石等が好きで、集めている。

6・動物や植物が好き。アロマオイルやお香、キャンドルが好き。

7・母国語以外に複数の語学が話せる。

8・外国に興味がある。

9・ベジタリアンである。フルーツが好き。

10・幼少時代に、祖父母に育てられた経験がある。

11・絵画が好き。絵や書体を描くのが好き。クリエイティブな事が好き。

12・旅行、または、引っ越しが多い人生。

10つ以上に〇が付けた人は、確実に古い魂です。

古い魂であるために、他の人々とともに生きるのが、辛かったりします。

また、古い魂の特徴は、孤独好きだったりします。

ツインソウルよりも、ツインレイとして、現世で運命の赤い糸の人と再会できる人は、とても幸せなことです。

ここで、もしかすると聞き慣れない言葉のツインフレーム、ツインレイとは、何なのか、お伝え致します。

Romance_by_immortal_darkness.jpg

ツインフレーム

ツインソウルよりも結び付きが強い魂です。

一人につき7人存在しています。

輪廻転生を繰り返す中で、様々な仕事や社会貢献の連帯性の絆が強いのが特徴です。

性別を超えた深い愛が特徴です。

お互いが同じ課題を目的に生まれて来ています。

非常に献身的な集まりでもあるようです。グループソウルとも言えるでしょう。

ツインソウル

双子の魂。

男女である場合、または、性別が同じだったりもします。

出会ったときに深い親近感を感じます。

魂の成長のために恋愛、結婚をすることもあり、ツインソウルがツインレイである場合もあるでしょう。

ツインレイのように国籍や宗教などが異なることがないので、同じ人種同士と繋がることになります。

顔かたちも似ていたりします。オーラも非常に似ています。

girlwithapple3.jpg

ツインレイ

神様があなたを創造した際にスピリチュアルワールドの最終的な場所に行くための究極の相手。旧約聖書の意味から申し上げると、「アダムとイブ」と言えるでしょう。

常に別の性別で生まれ変わるのが特徴。

その出会いは常に喜びと祝福に包まれているそうです。

魂の成長の為に、お互いに正反対の課題を与えられてこの世に生まれ変わります。

例えば、宗教、国籍、環境……。

そのような関係ですが、高次元のスピリチュアルガイド達は、多くの人たちが究極の相手と出会って欲しいと願っています。

ツインレイが困難な過去を越え、出会い、そして結ばれる事が私たち人間の魂の輪廻転生を繰り返す真実の課題です。

girl-walk-beach.jpg

愛する人を探し求めるために乗り越える苦難の計画を立てて生まれ変わる人に用意された課題があります。

5つほどの苦難の道を乗り越える必要があります。

第一の道のり 幼少期から出会いまで

第二の道のり 出会ってからの意識確認

第三の道のり お互いの価値観や背景からの違和感

第四の道のり 一時的に別れる、沈黙の期間

第五の道のり お互いの霊性が上がり、覚醒期間

第一の道のりハードルが一番高いかも知れません。

それは、人と言うのは、自分の事を知らない為に、条件の良い人と結婚すれば幸せになれると信じています。

つまり、それは自分の求める相手ではなく、生まれ育った環境や両親等から植え付けられた価値観であることがあります。

例えば、収入が多い人と結婚すれば、幸せになれるという世代の母親に育てられると、絶対条件に収入が最低800万円以上、身長が175センチ、主婦を希望してくれる人でないと、結婚したくないと決めている人もいます。

自立している女性は現実を知っていますから、自分にない物を相手に求めません。

自我が芽生える頃から、母親の価値観を受け入れたて生きて来ていると、本当に自分が「この人となら、苦難を乗り越えられる」と、いう決め手がないまま、どこか流された感覚で結婚式を終え、いざ、一緒に住み始めると、細かい事までも嫌な気持ちが湧いて来ることがあるかも知れません。

それは、自分がなぜ、この世に生まれ変わったか知らないため、同じ目的でない人と結婚したために、条件は良いが、愛することが出来ないために、一緒に暮らしているとストレスになってしまいます。

pathyourlife.jpg

ですから、第一の道のりに辿り着く為には、あなた自身を知ることです。

簡単な感覚で言えば、周りの人から、青い色の服が似合うと言われて、それを着ていると、周りから褒められるが、本当は黄色い服が好きという心理です。

好きな服を着ていると、自分らしさが表現されますが、それほどでも好きでない色は微妙に気持ちにストレスになることがあります。

愛する人と再会するためにも、自分らしい生き方を追求して下さい。

特に、ソウルメイトを引き寄せる手助けをしてくれるのは、惑星の金星のパワーです。

金星は女神アフロディーテを司っています。

金星は愛と美の惑星です。女性が女性として美しく愛に溢れた人生を送れるようにサポートしてくれることでしょう。

クリスタルで金星との繋がりは、エメラルド、ロードクロサイト、モルダバイト、モルガナイト、ローズウォーツ等です。

あなた自身の苦難も和らげてくれる効果もあります。

さらに、これらのクリスタルは、あなたが自立して生きられるように、ライフワークに繋がるようにメッセージを送ってくれたりします。

もしも、あなたが天職を見つけたいのであれば、是非、女神アフロディーテの金星のパワーを活用することをお薦めします。

あなたの魂の目的である天職を知り、それによって他者、社会に貢献できるあなたを目指す事が出来れば、ツインレイと自然に再会し、精神的統合への道のりを乗り越えることが出来るでしょう。

ですから、年齢は関係ありません。

あなたの霊性を上げることに集中して下さい。

すでに、古い魂であれば、心配することはありません。

すべての用意が整えば、自然な形で再会出来る事でしょう。

ありがとうございます。

ソウルメイトリーディング

http://uranaikazuko.main.jp/soulmate/

パソコン用

http://ws.formzu.net/fgen/S2152887/

スマホ用

http://ws.formzu.net/mfgen/S2152887/

携帯電話用

http://ws.formzu.net/mfgen/S2152887/

angelpray33.jpg

 

 

【幸運グッズSTORE💗アフロディーテ・バザー】

 

幸せな波動を引き寄せる魔法のブレスレット〜女神アフロディーテからの贈り物

DSCN5038

 

時代変革の扉が開かれ、新しい意識へと進んで行きます

sunclips.jpg

 

100年に一度の皆既日食がアメリカ全土を2017年8月21日に横断しました。

アメリカでの皆既日食は、太陽が完全に月に隠される神秘的な現象でした。

日蝕のときは、霊媒体質な人や敏感な方は、どこにいても、眠気に襲われたり、体の節々や筋肉が硬直したり、首や肩の痛みや、風邪をひいたような症状になることもあります。

この日蝕によって、地球に住むすべての人々や植物や動物たちの「意識」がさらに変化を始めました。

今、私たちの住む地球は、加速するアセンションの真っ只中にいます。

アセンションが本格的に始まったのは、実はマヤカレンダーが終わりを告げた2013年から、次元上昇が加速しています。

20世紀の90年代から訪れたスピリチュアルブームによって、多くの人々が、「生まれ変わりとは」「前世とは」「使命とは」「輪廻転生とは」「生きるとは」等を自分と向き合うことが出来る機会を持つことが出来ました。

すでに3次元から5次元へと移行した魂たちがこの地球には存在しています。

3次元的な思考は動物的な思考に近く「弱肉強食」的な争いが耐えない男性的な波動に近いため、権力、名誉、そして、お金を手に入れ、それらの物質的な物を多く保持している者が強く、それを手に入れる為に人を利用したり、人を傷つけたりして、優越感に浸っている時代はもう、終わりに近づいて来ています。

2021年頃には、はっきりと、霊的格差が見えて来ることになります。

勝って手に入れた物を沢山保持していることは悪いことではないと思う方もいらっしゃることでしょう。

しかし、巨額の財産を多く保持していることで幸せになれるのであれば、多くのお金持ちは幸せであるはずでしょう。

お金持ちになればなるほど、お金を失うことを恐れる人もいます。

失うものが少なくなれば、少ないほど、霊的には向上して行くことが出来るのが、このゴールデンタイムの時期なのです。

2016年の秋頃から、地球は揺さぶられ続けています。

宇宙から天使達や高級霊達から、多くのメッセージを送られています。

私も頻繁にお伝えしていますが、「波動を高くすること」によって、次元上昇へと導かれています。

「波動」は見えるものではありませんが、すべての物から、この波動は放出しています。

 

dogsun.jpg

波動を高くするには、まずは、「自分自身を知ること」です。

そして、生きる目的を定めることです。

ここで、「お金持ちになりたい」という物質的な成功を強く定めてしまうと、霊的向上が出来ずに終わることになりますので、ご注意下さい。

先ほども申し上げていますが、お金持ち=幸せではありません。

欲しかった家や車、高級バックや服などもいくらそれが、高価な物であっても、時間が経つと、他の物が欲しくなります。

ここ最近、キプロスに来て、ニコシアで生活をしているときに、お世話になった経営者の方がお亡くなりになりました。

他の欧州にまで治療をして貰いに行きました。

亡くなる前の数日間、その方が何度も「死にたくない」とメッセージを送って来ていました。

私自身、最後にその方に会ったのは、5年前ぐらいの何かのパーティでしたが、その時、とてもやせ細っていたので、大病になる兆候が出ていることをマイケルに伝えた後、すぐに入院をした様子ですが、その後は、何度も入退院を繰り返しても、完治することがなく、退院する度に、さらに、守銭奴になって行きました。

この世に執着があると、なかなか、あの世に還るのが困難になることがあります。

一生懸命、せっせとお金を貯めるのが生きがいだった様子ですが、お金はあの世には持って行けません。

1人娘に渡り、努力して稼いだお金でないので、散財することになるでしょう。

それが逆にご供養になることもありますので、その方が残したカルマの清算となることでしょう。

また、2017年に突入してから、多くの専門家の人達にも意識改革が強く出ています。

稼げると思って、その専門家になっている人は、今後は他の職業に就くことになるでしょう。

しかし、人々の幸せを願って、その専門家になっているのであれば、今はその振り分けされている時期ですから、自分自身がなぜ、その道を歩むことを決意したのか、再確認することです。

人を幸せにする仕事を今後も続けるためには、自分自身も幸せになる必要があります。

幸せになる為にも、波動を高くすることです。

「類は友を呼ぶ」という諺がありますが、周りにいる人を見渡したとき、今のあなたの思考がそのまま、映されています。

過去、数年間で、居心地の悪いと思える人間関係から距離を置くことで、波動調整が出来ることをお伝えしています。

その結果、離婚したり、転職したり、疎遠になったりした人もいらっしゃることでしょう。

もう、後戻りは出来ないほど、地球は変わって来ています。

地球の波動に変革があるのに、私たちの魂に変化がないという事はありません。

波動を高くするには、自分自身がどれほどの霊的レベルであるのか、知る必要があります。

お肉を食べているから波動が低いという人もいますが、もう、それらはあまり関係なくなりました。

美味しく食べることの方が、あれこれ不安を抱きながら控えめに食べることの方が、波動を下げていることもあります。

そして、食事と同様に、呼吸によって空気を体内に取り込むことも、波動を上げることが出来ます。

自然の恵みをご活用されると良いでしょう。

精油やハーブ、そして、クリスタルなどは、波動を整える為の助けとなることでしょう。

これから先、数年間は自分が設定して来た、この世での役割(使命)を果たす機会に恵まれることになるでしょう。

3次元の分離的な競争から離れた生活を送る心持ちを持って下さい。

その気持ちによって、癒されることになるでしょう。

5次元の世界に進むことで、本来、私たちが住んでいた地球は幸せで、楽しい、高波動に変化して行きます。

逆に不安、恐怖、怒りなどは、低波動の現れです。

あなたの波動を上昇させるという意味は、常に自分を楽しく幸せな状態に導いて行くということです。

スピリチュアルを学んだ人であれば、3次元で留まっている人は「エゴ」が強い人であるという事が分かることでしょう。

それはまるで動物たちが住む世界です。

「エゴ」によって生み出された社会システムは、2030年頃には、かなり変化していることになるでしょう。

波動を低くされた状態で、強い者たちのために、作られているシステムは変化して行くことになります。

21世紀に生まれた魂達によって、大きく変化して行くことになるでしょう。

今からでも、遅すぎることはありませんから、瞑想や自然散策によって、低い波動の環境から離れ、1人静かに自分を見つめ、心臓の音を感じてみて下さい。

「エゴ」=ギリシャ語(私、俺、I )ἐγώを消すことです。

エゴを取り除くことで、高い波動になれます。

そして、ハートのチャクラが開き、「無条件の愛」を体感出来る事でしょう。

今回のアセンションは肉体を持ったまま、5次元へと移行することになります。

5次元に移行した後には、「光の指導者」としての役目を授かることになります。

物質的な欲望も半減することになりますが、その代わりに幸福感や高い波動を感じることが出来る機会が増えます。

「無条件の愛」のエネルギーで、アセンションを望む人々を指導して行くことになります。

21世紀のアセンションはすべての人類に公平に訪れることになります。

充分に波動が上がっていない人達は、多少遅れてでも「自分のペース」でアセンションが出来ることを選んで来ています。

ですから、この機会に是非、自分自身と向き合いながら、生まれた意味を再確認して下さい。

また、もしも、あなたが5次元に移行したとしても、悟りのような劇的な感動は残念ながら、何かを感じるということはありません。

また、誰かに指導して貰えることはあったとしても、大金を払ったから、5次元に移行するものでもありません。

この次元移動は、マラソンと似ていると思います。

走るのは「あなた自身」です。ゴールまで、走り続けることです。

歩いてでも、這ってでも、その道を最後まで進んで行くことです。

さて、次元上昇に伴い、上昇出来たかどうかという意味では、すでに、予兆として、2016年の秋~めまい、首、肩、偏頭痛に悩まされた人は少なくないでしょう。

そのような症状があった人は、すでに、5次元へと移行している人もいます。

その波動を維持して下さい。

完全に移行する時期までは、残念ながら、アセンションとともに、反対のエネルギーも強く反発して起こります。

自然災害も含め、地球が揺さぶられる事件も起こります。

古い社会システムから、私たちは浄化されることになりますが、その浄化されるためには、地球の悪化した膿を取り除く必要があります。

2017年の秋から~2018年の春先に意識変革を加速させるために、高次元の存在によって計画されています。

今回のアメリカでの日食はその1つのイベントでありました。

次はアメリカから、さらに、私たちが驚くイベントの開示があることでしょう。

長文になりましたが、お読み頂き、ありがとうございます。

ありがとうございます。

taiyou.jpg

幸運を追い求めると、満足から遠ざかる

canstockphoto15822445

人間は命がある限り、悩み続けることで、カルマの解消を継続しています。

100歳を超えても現役の医師であり続けた日野原重明先生(聖路加国際病院)の名誉院長先生は、ご自宅にて、2017年7月18日午前6時33分、呼吸不全のため105歳でお亡くなりになりました。

多くの功績をお残しになられた日野原重明先生でさえも、「100歳までは悩みが多かった」と、仰っていられました。

私たちは、この世に生を受けて以来、物心が付く頃から、悩み始めます。

一度も悩んだことがないという人はいないでしょう。

一度だけ、「悩みがないのが、悩みなのです。」と、仰る方を鑑定させて頂いたことがありますが、生きている間は、悩みと向き合う必要があります。

昨日よりも、今日、そして、明日に向けて、より幸せになりたいと思う気持ちがあることでしょう。

多くの方が、日々の生活の中で、人と比べて悩んだり、落ち込んだり、また、あるときは、ひと時の快楽に浸かってみたり、一瞬の優越感で気を良くしたりというような繰り返しなのではないでしょうか。

幸せとは何なのか?

幸せとはどのような状態であるのか?

幸せを計ることが出来るのか?

と、誰かに尋ねられても、人それぞれの幸福のバロメーターが異なることでしょうから、答えは異なります。

例えば、ある調査で世界各国の男性達に、どのような女性の体型を好むか?という質問からデーターを取ったのちに、国によって求める女性の体型が異なっていました。

ある国では、とても、お尻が大きい女性を求め、ある国では、日本の既成の服では販売していないほどの大きさのスタイルを求めていました。

アジアでは、手足が細く、華奢な体型の女性が理想のスタイル画像として、表現されていました。

人間の思考はある程度、体験や身近な人からの意識や教え等を本(もと)に基礎として作られています。

ですから、ネガティブな思考の親の遺伝子が強いと、その傾向が強くなることもあります。

他者を羨ましがることで、ネガティブに陥ることがあります。

「あの人ばかり」「失敗すればいいのに」「憎たらしい」といった感情を取り持つと、その思考は人相にまでにも影響します。

脳にその思考は送られ、データーとして記憶されます。

特に、羨む気持ちはとても強いパワーがあります。

相手を陥れようとして行動を起こしたり、親切な振りをして意地悪をしたり、些細なことで、批判するような、いやらしい行為を取り、相手を困らせて、勝った気持ちになったり、ほくそ笑むようなことをすれば、その思考はどれだけのマイナスをわが身に負うことになるか、また、自分の愛する子供やパートナーに不幸を招くこともあります。

特に、負けず嫌いの女性はこのような感情が芽生えやすくなることもあることでしょうから、注意して下さい。

もしも、今、あなたがこのような負の気持ちを持っているのであれば、早い段階で浄化した方が良いでしょう。

とはいえ、羨ましがるなと言っても、人間ですから、どうしても、「あの人ばかり」という気持ちになるかも知れません。

では、そんなときはどうすれば良いでしょうか?

murasakino.jpg

相手と自分を競わないことです。

羨む気持ちは相手が優れていたり、恵まれているからであり、比べたところで自分の劣等感が増えるだけです。

そして、その気持ちが蓄積されて、妬みや嫉みが生まれて来ることになります。

今までは自分の方が相手より良い立場だったが、その相手の方が有利な立場になってしまったとき、「昔は冴えない人だったのに・・・」と、相手がどれほど努力したことよりも、育った環境で有利になっていたからと言って、相手を自分よりも劣っているということを優越感でいることが正しいと思っていたことが覆されたことで、ネガティブな波動を放してしまうことがあります。

しかし、そのネガティブなエネルギーは邪心となり、エネルギーが落ち込んでいるときに、次から次へと、マイナスの出来事を呼び寄せることになります。

幸福は得ることよりも、失うことで、計ることが出来ます。

健康と病気の関係に似ています。

私たちは健康なときには、健康であることを差ほど喜ばないでしょうし、健康であることが当たり前と思っています。

健康を失ったときに、健康を取り戻そうと願うのです。

病気は、痛み、苦しさといったように、体に感じることが出来ますが、健康は身体に感じないのです。

幸せも、幸せなときには、感じていないかも知れません。

失ったときに、初めて、辛さや、痛み、苦しみを味わうことによって、自らの日々の意識で「幸せ」を手放していたことに気づくときには、もっと、早くから、幸せを大事にしておけば良かったと思うこともあるでしょう。

もしも、誰かにうらやむ気持ちが湧いてきたときは、相手を認めることです。

心の中では、メラメラと嫉妬心が強くなっていても、「凄いね」「感心するよ」と、意識的に評価する方向で気持ちを調整することで、自然と不平不満は消えていくことになります。

そして、その羨む相手を憧れの対象にすると良いでしょう。

そうすることで、うらやむ気持ちが持つ強いエネルギーは、自分を高めるために使うことが出来るでしょう。

つまり、ライバルがいることで、眠っていた才能を開花させることも出来るでしょう。

人は、あまりにも、かけ離れた人をライバル意識にすることはありません。

自分と似ているような雰囲気を持っている人に対して持つことがあります。

ですから、そのエネルギーを、自分を高めるために使うことが出来るようになれば、やがては、自分自身が、人から憧れる人物になれることになるでしょう。

そして、本当の幸せとは、あなたの心のあり方にあるのです。

心のあり方は、目に見えるものではありません。

あなたにとって、いい心のあり方とは、こういうものだというものだということは示すことができるものでもありません。

「今という時間を精一杯生きることが、幸せである」ということに気づくことが出来れば、あなたの人生は劇的に変わることでしょう。

物質的に恵まれた人と、精神的に満たされた人とどちらの方が幸せでしょうか?

それは、精神的に満たされた人です。

裕福な人の多くは、自分の中にある欲望や気まぐれな望みをすべて叶えるだけの財産があるかも知れません。

しかし、人間というモノは不思議で、お金で手に入るモノよりも、精神的な面で満たされることの方が「生きている」ことを実感出来ます。

宝くじで高額当選した人や、親の遺産が舞い込んで来た人は、大金が入ったときは、大喜びですが、向上心も、意欲もなくなってしまうことがあります。

自堕落な生活になり、性格さえも、傲慢になり、何をして行けば良いのか分からなくなる人もいます。

時間と財を費やしていくだけに過ぎない日課になってしまうこともあります。

お金持ちになったとしても、心のあり様としては、貧しい人よりも幸福感という点では貧しいということでもあるかも知れません。

私たち人間は、死ぬまで、いつも幸せを探し続けているものです。

だからこそ、常に、心が満たされる何かを求めて、努力して行こうという気持ちになれるのです。

そして、やがて気づくときが来ます。

目標や思いに向かって、精一杯に自分のエネルギーを使う時間こそ、実は幸せな時間だったということです。

そして、もっと、明るく幸せな人になるには、努力を惜しまないことです。

ただし、その向かう方向が自己欲だけの理由であれば、真の幸せではないかも知れません。

魂が求める幸せと、体が求める幸せが異なるように、真の幸せを求めているのであれば、必ず、努力は実を結ぶことになるでしょう。

幸福を手に入れるのは、自分の気づきを受け入れることです。

ありがとうございます。

canstockphoto5623934

NEW☆Angel’s Whisper

新しいブログを綴り始めました。

https://uranaikazuko.wixsite.com/angel

ハンディキャップを選んで、この地球に生まれ変わる意味

248650_518253744872396_1286429893_n.jpg

気温が40度近くもあるパフォスの海岸通りを歩いていると、時々、両腕がない男性が泳いでいるのを見かけます。

金槌のマイケルは、深さ1メートルのところで、足をバタバタさせています。

キプロスは海に囲まれた島国なので、「みんな、泳げるはず?」という観念がありましたが、マイケルは標高2000メートル近い山の村で生まれたので、泳ぐことを知らないまま、イギリス留学を経て、オーストラリアに移住しました。

そんなマイケルも私も、両腕がない男性が上手く泳いでいるのをみると、感動で胸が一杯になります。

この数十年間で、身障者に対しての考え方が変わって来ています。

なぜ、ハンディキャップを持って生まれて来るのでしょうか?

すべての人が生まれ変わるときに、カルマの解消を目的に生まれ変わります。

それは、どんな人でもです。

英国の王子さまでさえも、その人が設定したカルマの解消を行うためにその両親を選び、生まれ変わっています。

この世で生活を送るためには、肉体が必要になります。

現世の人生の中で、過去世での大きなカルマを早く返済することを最初にしてしまうことを選ぶ人もいます。

身障者であるために、迫害されてしまったり、虐めにあったりする時代もありました。

ここ最近は、身障者だからといって、虐めに遭う事は多くないでしょう。

私の父は死に別れの前妻との間に、ダウン症の娘がいました。

母はその連れ子を受け入れ、育てました。

私が小学校のときには、ダウン症の姉がいるというだけで虐めの対象になりました。

また、反抗しない姉の体を蹴ったり、トランポリンの代わりにお腹の上でピョンピョン跳ねる子供もいました。

ラテン系のような母親でしたから、そのようなことを訴えても、「放っておきなさい!」と言われるだけでした。

誰が見ても、母親が産んだ子供としか思えないほど、母は姉を可愛がっていました。

ハンディキャップを持って生まれたからと言っても、姉のように全く持っていつも笑顔で元気で精神年齢が無邪気なままで、肉体は年を取っていますが、考え方は周りの人を笑顔にし続けてくれます。

難しい会話は出来ませんが、それでも、大人の思考になりつつ会話に絶妙なタイミングで、手を握って笑顔で「可愛いね~」「気にしない」「いいね~」と言われると、天使からのメッセージのように聞こえることもあります。

stars-33.jpg

私たちが現世に肉体を持つとき、容姿や背格好までも、自分で決めて来ます。

男性で身長が低い人はある意味ハンディキャップとして、カルマの解消を生まれる前に準備して来ています。

何度も生まれ変わることを目的にしたくない場合は、一度にハードルの高いハンディキャップを持つことで、カルマを半減できることを魂が決めて来ています。

もちろん、体のハンディキャップがある場合は、周りにその人が生活出来るように手助けできる人を準備しています。

伝説の身障者と言えば、ヘレンケラーは、特別な役目を持って生まれ変わっています。

本来、人間は霊的なものです。

霊性こそが神の子としての人間の神性であり、肉体は、その纏う衣類に過ぎないということを証明するかのように、ひとつの時代を切り開くために、その時代に登場する身障者がいます。

一昔、イケメンで五体不満足という著者の方が水星の如くメディアに現れました。

みずがめ座の時代は、女性が活躍する時代です。

革命精神を持ち、豊かな発想力やアイディア、インスピレーションに恵まれたハンディキャップを持った女性が現れました。

彼女の名前は、佐野有美さん。

左足に3本だけの指を持って生まれた方です。

「手足がないチアリーダー」という書籍があります。

器用に左足3本でお化粧したりする姿を見ていると、ハンディキャップがあるように思えないほど愛らしい女性です。

有美さんの活躍によって、もっと、女性やハンディキャップを持っている人達が社会と関わりを持つことができるようになれば素晴らしいことです。

ハンディキャップがあっても、結婚も出来ますし、臓器が健康体であれば、お子さんも持てる事でしょう。

ハンディキャップがある人ほど、笑顔が綺麗です。

笑顔は高い波動を放ちます。

それは天使のような無垢な澄んだ綺麗なピンクオーラです。

ハンディキャップを持って生まれたからこそ、弱者の気持ちが理解できるため、こんな物があればと開発する人もいれば、精神的な意味で心に訴える人もいらっしゃいます。

どんなに辛くても、本人が納得して、現世の肉体設定の用意をして生まれ変わっています。

そして、そのような肉体を持って生まれたとしても、受け止めてくれる両親や環境を選んで来ています。

ですから、ハンディキャップを持つ両親は苦労も多いでしょうが、子供が生まれて来るもっと以前に、その親自身が幼少時代に霊的な生き方を現世に求めて来たことを覚えていないだけで、その使命を授かったことを、子供を通じて思い出すことが出来るでしょう。

ともに一生懸命に生きることで、お互いの過去世でのカルマを返すことも出来ます。

そして、「世の光」として、お役目がある人もいます。

また、時として、生まれた後にハンディキャップを背負う人も同様に、この地球に必要な人です。

この水瓶座の時代には、ハンディキャップになったとしても、進化した義足や義手とは思えないほどの素晴らしいものが登場することでしょう。

どんな苦しみも、すべて、私たちが学ぶために、私たちを成長させてくれるための、ひとつの課題でしかないのです。

もちろん、課題を放り出して、怠けていると、思い出させるために、病気になったり、不幸な出来事が訪れることもあります。

大切なのは、どんな環境であったとしても、過去、現在、未来、すべて自分が選んで来たことが結果になっているということです。

だからこそ、私がいつも申し上げているように、「人生はゲーム」と同じなのです。

良い条件のカードを沢山持っていても、使い方によっては、上手く、物事が運ばないこともあります。

最終的なゴールばかりに意識を持って行くよりも、今を大事に生きることです。

そして、試練を受け入れることです。

何かに執着があるから、人間は悩むのですから、その執着から離れることです。

そうすることで、自分自身の永遠の魂を内側から見る事ができることで、感謝の気持ちが心の奥底から芽生えて来ることでしょう。

感謝の心を大事にすると、良い現象が起こります。

躓いても必ず、あなたに手を差し伸べてくれる人はいます。

だから、安心して、自分の使命を全うして行きましょう。

ありがとうございます。

yellowgirl3.jpg

インスタグラムで撮った写真を電子書籍にしました。

  • ねことの暮らし
  • kazzy16
  • 無料
  • 女神アフロディーテが生まれた地中海に浮かぶキプロスでは、9千年の歴史とともに人間と仲良く猫たちが生きて来ています。

 

 

スピリチュアル症候群

アセンションが進行中の真っ只中、地球上で起こる異常気象にも驚かなくなってはいるものの、潜在意識は不安で一杯な人もいるでしょう。
「スピリチュアル」という言葉が定着して十年以上経ちます。
精神世界への関心が高まり、霊的な生き方に関心を持ち、多くの本を読んだり、セミナーに出かけたり、ヒーラーになりたいと願い、本気でそのときは我武者羅に頑張ったことでしょう。
しかし、自分のエゴを満たすためや現実逃避のために、スピリチュアルに興味を持った人も少なくないでしょう。
例えば、数年前まで流行っていた前世占い。今の自分が華やかな暮らしでないために、前世ではヨーロッパ人の貴族やお姫様、皇帝、日本の侍など等と告げられる事を期待して占いジプシーになった人もいるほどです。
前世と現世、生まれる場所は異なっても、性格や生き方は雲泥の差はないでしょう。
3百年前ぐらいであれば、地球上の人口も少なく、アメリカ、カナダ、オーストラリアなども国として存在しておらず、欧州が中心として栄えていますし、フランス革命が起きた理由も95%以上の人が貴族の為に働き、庶民はパンも買えない不満が爆発して、貴族達もギロチンで首を落とされてしまいました。
この21世紀は物質を基準とした生き方から脱皮することを試されているのです。
多くの高価な物を持っていたからと言って、心が満たされないからこそ、癒しを求め、人々が心の世界に目を向け始めました。
心が癒されるには、外の世界では満たされないのです。
スピリチュアルとはおままごとではないのです。スピリチュアル・ブームとして足を踏み入れてしまったがために、その落とし穴に気づいていない人も増えて来ているように感じます。

物質世界から逃避するために、スピリチュアルな世界を求めようとする人。
自分のエゴを満たすために、スピリチュアルを道具として使おうとする人。
現実から外れてしまい、他人と協調できなくなってしまった人。

「スピリチュアル」を実践している方々の中には、このような人達が多く見られることも事実でしょう。
さらには、スピリチュアルな本を沢山読み、スピリチュアルなカウンセリングを受けたりしても、何も変わらない、変わっていない人も少なくないでしょう。
どうしてでしょうか?
多くのスピリチュアル本を読み漁ったのに、変わっていないのはなぜでしょう。
それは、その人、その人には潜在意識の中に色々な気持ちがぎっしりと詰まっています。
人を妬む、人を憎む、人を許せない、人が羨ましい、狭い信念、自己否定、自己限定、罪悪感、思い込み、親や社会から引き継いだプログラミングが詰まっています。
スピリチュアルな本を読み、いくら素晴らしいメッセージを貰ったとしても、その時は「変わろう!」と目が覚める気持ちになり、浄化された気分になっても、しばらくすると、元の生活、元の自分に戻っている自分に気づいてない人もいるでしょう。
仏教には内観法というのがあります。
自分が生まれて関係する人、母、父、友人、同僚、結婚相手、子供。
じっくりと自分と向き合うことをすることで、自分の潜在意識の中で制限されていた思いに気づき、自分自身の意思で解放してあげることが出来るのです。
何に制限されていたのか、理解出来れば、解放できることでしょう。
人間は、潜在意識の中にマイナスな思いを保留にしたまま、いくら素晴らしい言葉を聞いても、その場では感動しても、なかなか変われないものです。
つまり、心の癖を変えない限り、元の自分に戻ってしまいます。
それほど大きな影響を齎すのが、潜在意識でしょう。
大木で言えば、大きな根が大地に根付き、立派になるのです。
表面だけ綺麗でも、本質が変わってなければ、いつの日かには、重たい鉄の鎧を外したくなることでしょう。
本当の自分を探すのは、自分自身で分かるには困難です。
もちろん、釈迦やキリストは自分の役目を理解していたので、大きな使命を果たすことが出来ました。
真理の探究は並大抵の努力では達成しません。
大きな大志を抱いていなくても、自分の欠点に寛大になり、日々の生活の中で、現実逃避をしないことです。
辛いから逃げるのではなく、辛い中に真理が存在しているのです。
自分と向き合うことを忘れてはいけません。
ありがとうございます。
いつもお読み下さり、応援して下さり、ありがとうございます。
多謝

1278240229_DSC04068