月別アーカイブ: 2019年11月

木星が山羊座に移動することで、現実的な生き方で能力が開花し、社会貢献を目指すことで、成功の道へと導かれる

kabbalah-numerology.jpg

2019年12月3日、3時21分に「幸運の惑星」である木星が山羊座に移動します。

山羊座は、冬至点から始まる四番目の四半期の最初のサインです。

牡羊座からの個人の育成であり、蟹座からの3つは人間性の育成です。

天秤座からの3つは社会的な人格、社会性の育成がテーマでした。

4番目の3つの組は、定着を示す「4」という数字であるということから、これまでの3つのグループの総合的な完成や定着を意味しています。

木星(Jupiter)は「幸運」「発展」「寛大」「成長」「繁栄や成功」「知識」「学問」「哲学」「宗教」「善の意識」などの司る天体です。

木星のホームランドであった射手座から、2番目にあたる山羊座に移行したことで、「お金」「職業」に関わる事柄に変革が訪れることになります。

さらに、2020年12月22日という日には、水瓶座0度始まりの位置にて木星と土星が重なりグレート・コンジャンクションが訪れます。

「グレート・コンジャンクション」とは、およそ20年ごとに起きる木星と土星の会合の事です。

木星と土星の会合が起こることも偶然ではない2020年という年周りに生き方や環境が変わる人も増えることでしょう。

山羊座の木星の特徴は、健全な常識感覚を持ち、それらが社会的な活動において有利に働きます。

山羊座はローカルで狭いモラルを意味するので、規制から外れた活動には抵抗を感じる雰囲気を齎すことになるでしょう。また、山羊座の支配星が「土星」という事もあり、木星と土星が会合する時期は、例えて言えば、「陰陽」的なドラマチックな組み合わせになります。

山羊座の星座を持つ人は、12星座の中でも、一番、真面目さが強調されます。

何事にも責任感を持って遂行して行くので、周りの人や家族にも持って貰えます。

しかし、その真面目さが強すぎると、堅苦しく、石橋を叩き過ぎて、渡ることが出来ないことになるため、チャンスを逃がすこともありますが、大きな組織の中で中心的な働きをするリーダータイプにも多いのは、本来持っている真面目さが安心するからでしょう。

山羊座の象徴は、ギリシャ神話では山羊脚のパーン、バビロニアでは大洋に住む羚羊(れいよう)で、太古より大洋から幾度も出現したと伝えられています。

地球上で幾度も起こった陸地と陸起と陥没に関係があるとも言われています。

「山羊座」は現世の象徴であるとともに「最後の足場」を意味しています。

同時に、それは人生で登りつめた絶頂点を暗示しています。

「草を食べならが、地面に目を向けたまま山頂に到着する」のが、山羊の天性であり、厳しい現実感覚に裏付けられての「地上の王国」の建設が、山羊座の使命であると言えるでしょう。

支配星である土星は、ギリシャ神話の農業神のクロノス(英名サターン)にちなんで名付けられています。

icon30.jpg

また、2020年には、木星の山羊座の時代を迎えると、「木星」「金星」「土星」「冥王星」の4つの惑星が山羊座の位置に集結し始めます。

4つの惑星が山羊座に滞在することになります。

美を司る金星、社会性やルールなど基本を見直す土星、破壊と再建や絶滅と再生の冥王星、幸運の象徴である木星が山羊座に滞在することは、思いがけないことが次々と起こりそうです。

特に、2020年木星・土星・冥王星が山羊座に位置するトリプル・グレート・コンジャンクションが起こります。

この3つの星が同じ星座に位置していたのは、1681年以来の出来事になりますし、この時は蟹座で起きたトリプル・グレート・コンジャンクションでした。

この3つの星が同じ星座に滞在するのは、340年ぶりになります。

1680年から数年間の歴史を探してみると、1680年 徳川綱吉が5代将軍となる。

1681年 江戸時代 堀田正俊が大老となる。

1682年 江戸時代 木下順庵が幕府儒者に登用される。

1682年 江戸時代 井原西鶴が『好色一代男』を著す。

欧州では、1681年 フランスで竜騎兵(ドラゴナード)によるプロテスタントの迫害。

1682年 宮殿の完成に伴いフランスの宮廷と政府がヴェルサイユに移動する。

その後のフランス革命の象徴と言える華やかな宮殿が完成したのがこの時期にも意味があったことでしょう。

予想外のことが起こると同時に伝統的な秩序を見直すことになりそうです。

そんな木星の山羊座時代は、2020年の12月19日まで続きます。

木星が射手座時代のときに破目を外し過ぎた人にとっては、規制が多くなったり、新たな法律や小さな地域や仲間内でさえも、ルールを正しくしようとする正義感に燃える人も増えそうです。

そのため、教育場面では、やや古風な価値観の中で生きる傾向が出て来ます。

堅い職業に就く人も増えることでしょう。

あれこれと夢を追っていた射手座時代の木星とはことなり、ゴールをしっかりと定めて頂上を目指して行く事になるでしょう。

さらに、集合性が幸運の鍵になるかも知れません。

つまり、孤立して何かをするのではなく、グループで社会貢献を目指す人も増えることでしょう。

Horus_3.jpg

プライベートでも、山羊座の星座を持つ人が、社会貢献や規制を正したいという使命感を強く出して来ることになりそうです。

きちんと決めたことを守ることで、最後まで着実に進めていくのが山羊座の木星時代なのです。

怠けていると、残念ながら、2020年は運気の気流に乗れず、出遅れてしまうことになるでしょう。

また、どんどん偽物は排除され、本物だけが生き残っていける時代になっていきます。

やぎ座は、とても厳しい性質を持っているため、自他共に厳しい星座です。

世界的にも、金融関係や不動産等で容易に今までに荒稼ぎして来た商品なども、不製品や欠陥物件だったという情報が表に出て来てしまい、市場を騒がせるニュースも増えそうです。

山羊座に滞在することで、景気が悪くなることでしょう。

景気が悪くなると人々は哲学や論語などに興味を持つことになります。

さらに、古い歴史や書物などに注目が集まることでしょう。

古代遺跡が残る世界遺産の場所に旅に出かけることで、雄大な感性を宇宙から受け取ることが出来るでしょう。

そのときに、「生きるとは?」「自分とは?」「無とは?」などをあなた自身の魂に問いかけて下さい。

きっと、あなたにとって本当に大事な物が見えて来ることでしょう。

また、それと同時に何が必要なのか?

射手座の影響も引き継ぎながら、さらなる魂の成長が出来る事でしょう。

グレートコンジャンクション、トリプルコンジャンクション、そして、アセンションも含め、山羊座の木星時代は光と影、良くも悪くも努力が大切になって来る時期です。

スピリチュアル時代のゴールデンタイムで一番の試練になるかも知れません。

でも、試練を求めて生まれて来たのは、あなた自身なのです。

ryuunoko-dragon2.jpg

その試練を乗り越えたとき、あなたの魂は「自立」出来る事でしょうし、人間的な風格が増すことでしょう。

神様は、あなたに乗り越えられない試練は与えませんから、きっと、乗り越えたときには、二回りも大きくなっていることでしょう。

もしも、分からないことや疑問があれば、本を読むことです。

その学びを知る事で、あなたの魂は成長して行くことが出来るのです。

「正しく、努力して頑張った人」には、多くのご褒美が用意されている時代が、山羊座の木星時代なのです。

中途半端ではダメな時代の到来です。

嫌なことを長く続けることは難しいでしょうが、好きなことを思い切り遣る事です。

だからこそ、本当の自分は何をしているときが一番なのかを知る必要な時期です。

他者が楽しそうにしているから始めても性に合わないことは早めにやめましょう。

遠い昔、あなたが生まれて来る前に、あなたの魂が輝くには何をしているときか、思い出す時期です。

その答えを見つけるためにも、自分と向き合うことです。

「あなたらしさ」とは、何だろう?

きっと、見つかるはずです。

射手座の木星時代前後では、「断捨離」と、いう言葉が流行りました。

この言葉は、ヨガの言葉から来ています。

不要なものを極力減らし、生活や人生に調和を齎すということですが、ヨガの行法に「行」「行」「行」の頭文字を合わせたものです。

不要な物は、物質的なモノだけではなく、物への執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れるということです。

つまり、何事に対しての「執着」を捨てることです。

内面からの豊かさや知識はなくなることはありません。

不必要なプライドや、地位や権力、そして、物質的なお金よりも、大事なことを思い出すことです。

「無知の知」という言葉は、ギリシャ人の哲学者ソクラテスの有名なフレーズです。

2020年は日本ではオリンピックというビックイベントが開催されます。

お祭りが終わった後、日本がどうなるか分かっている人達も少なくありません。

外側に意識を向けすぎると、内側のあなたを成長させることが難しくなります。

内観をするには、深い沈黙と、「いま、ここにいる」と、いう感覚が大事です。

物質的に満たされていても、それは完全ではありません。

そうした物はいつか、捨てなければならなかったり、変化して離れていきます。

心が落ち着かないときこそ、読書や語学を学ぶと良いでしょう。

古い語源を通じて、その歴史や文化を知る事も出来ます。

英語よりも、ラテン語、ヘブライ語、ギリシャ語などが、良いでしょう。

そして、その場所を訪れる機会があれば、真理に繋がる永遠の豊かさを手に入れられることでしょう。

2020年12月22日のグレートコンジャンクションまでに、真の悟りを得て、本当の豊かな人になれることが出来ることをお祈り致します。

最後に、山羊座を象徴するパワーストーン&ハーブを山羊座の木星時代に活用すると、心身が緩和されることでしょう。

ハーブ・精油:サイプレスやサンドルウッド、ひのき

パワーストーン:ヘマタイト、オブシディアン、オニキス、ソルト、ブラックトルマリン、アメジスト、スギライト

幸運を招き寄せるアクション:山、砂漠、森に行くと良し、古代文明があった場所であれば尚更よし。農業関係、古代文明、読書、神社仏閣、アンティーク

ありがとうございます。

エフハリスト・パラ ポリ ♪ Eυχαριστώ πάρα πολύ

 

kaz-2020-mail

国際占い師カズコがあなたの2020年運勢を鑑定します。

2020年の運勢メールリーディングをお申し込みをご希望の方へ

dryad_and_dragonfly.jpg

2020年という節目の年に福運を招き入れるためにも、与えられた運命をどのように活用するかは、あなた次第です。

吉兆に安心しきらず、また、凶兆の年だからと言って、不服を言わず、謙虚に、素直に、生活をして行くことです。

鑑定結果を読んで終わるのではなく、身近に神様のお陰を頂き、日々、生きていることを感謝することで、福運を授かることが出来る事でしょう。

2020年はアセンションの年と何度も申し上げています。

意識変化が大きく変わる大事な時期です。

この時期は、例えて言えば、夏休みも終わりに近づき、夏休みの宿題を終わらせていなければならない時期です。

その宿題とは、あなたが生まれ変わると決めたとき、過去世からの繰り越しのカルマの清算、そして、現世でプラスのカルマ(陰徳)を積むために、他者の役に立つことを行う必要があります。

神様が尋ねていらっしゃいます。

「後回しにしていることを遣り終えましたか?」

心当たりがある人は、この2020年には、是非、後回しにしていることを終わらせて下さい。

解決できるかどうか分からなくても、後回しにしていることを遣ろうという気持ちが大事です。

心に引っかかっていることがあるならば、この年に遣って下さい。

気分がすっきりすることでしょうし、遣った後の生活環境の変化が訪れ、運命の輪を動かすことが出来るでしょう。

運勢は1人1人異なりますが、国運は日本人として、どのような振る舞いを未来に向けてして行くかということを想うイベントが多い時期だからこそ、冷静に判断できる時間を設けることをお薦めしまし。

2019年の11月~2020年の11月までは、日本に住んでいると、「忙しい」という気持ちが強くなります。

ですから、他者に尋ねられた質問や疑問には真摯に向き合わないままでは、相手は理解できません。

特に、お子さんがいらっしゃる人は、「なんで?どうして?」と執拗なまでに尋ねてきたり、無邪気に質問をして来ることでしょう。

内心うんざりすることや答えに窮することもあるでしょうが、五月蠅がって無視したり、邪険にしていると、子供の成長の芽を摘むことになります。

この機会に、良い感情で他者と対話できるように研鑚して下さい。

あなたが慈悲と愛を持って生活して行く事が出来るのではあれば、必ずや福運多き一年を送れることでしょう。

最後になりますが、いつも応援して下さる方々へ、心から感謝を捧げます。

ありがとうございます。

カズコ

合掌

healing hand.jpg

詳細ページ

http://uranaikazuko.main.jp/2020-mail-unsei/

パソコン

https://ws.formzu.net/fgen/S54647340/

スマホ

https://ws.formzu.net/sfgen/S54647340/

 

 

かつての世界の中心であったと言われるアポロン神殿のギリシャ旅行記

IMG_0626.JPG

人生で起こることは偶然はなく、必然的と言われていますが、本当にそうなんだと実感する事が多いです。

先日、2020年に向けた未来予知メッセージを綴りました。

記事を投稿した後に、マイケルから、「僕の写真がアテネで展示されるのが、この日らしく、行こうと思うけど?どうする?」と、聞かれて、同じ時期に、キプロスのパフォスのお城の近くでも、新しい写真の展示と写真の出版記念も兼ねて、エキシビションが開催されるということだったので、体力的にどうだろうと思ってしまいましたが、ギリシャに行って参りました。

私は神々が宿る天空の修道院で有名なメテオラに行きたいと常々思っていたのですが、アテネからは、電車でしか行くことが出来ず、その電車も一日に1本で、片道5時間30分、途中でエンジンの故障もあることもあり、着いたそのあとも、2時間ほど、さらに、修道院によっては、お昼休みと重なったりすると、修道院内の壁画も見られないかも知れないと去年、キプロス人の友人が訪問していたので、「お昼どきは行かない方が良いよ。」と、アドバイスしてくれました。

体力的に電車に10時間以上乗っていることを想像すると訪れる前から無理そうだったので、メテオラに行くならば、テッサロニキ経由で行くのが近いとギリシャ人の友人も声を揃えていうので、エキシビションの初日後、遅いディナーでギリシャに行くことを話していると、周りにいたキプロス人とギリシャ人の写真家の先生にも、「デルフィに行くと良いよ。」と言われたので、「デルフィ?」「島の名前、どこの島」と聞いて、マイケルは目をキョロキョロさせていました。

「君のような人が紀元前にデルフィに大勢いたんだよ。」と、言われて、「アテネから近いの?」と思いながら、インターネットで検索していると、何と、「アポロン」と関係があるので、なるほど、アポロンからメッセージを貰ったということは、お礼参りに行かなければならないことになったと確信しました。

ただ、今回の旅はアポロン神託に行くことではなく、マイケルの写真が展示されているギャラリーにも行く予定があったので、予定は未定でした。

アテネに住むマイケルの妹からも着いた日に、ランチにお招きされていたので、滞在する場所のアパートに荷物を預けて、タクシーを拾い、義理の妹宅へスムーズに行けると思いきや、乗った瞬間、運転手のおじいさん、多分、80歳以上、会話もとろとろして、住所を見せたら、硬直してしまい、ギリシャ人の義理の弟にマイケルが電話をかけて、説明して貰っているが、全然、会話が捗らないまま、見覚えのある場所まで行ったが、分からないというので、電話をかけて、説明して貰うけど、分からず、近所らしい人に、タクシーのおじいさんが訊ねていたけど、会話が成り立たない、コスタ(義理の弟)が車で迎えに行くから、というので、タクシーを降りました。目的地に着かないままのタクシー、驚きました。

すぐ、後ろを見ると、車で迎えに来てくれたコスタがいたので一安心しました。しかし、車の免許を保持しているおじいさんタクシー、南側の欧州人はアバウト過ぎてびっくりです。

義理の妹と挨拶して、座った瞬間に、彼女が作った料理が出て来て、美味し過ぎるので、食べ過ぎてしまい、数時間後のランチを終えて、次に向かったところは、姪っ子が双子ちゃんをイースターに産んだので、訪ねることになりました。

流産しそうになっていたので、元気に可愛い双子の女の子たちにも会い、今年結婚する予定でいた婚約者、そして、彼の家族とも会うことに、話には聞いていたが、身長が高い、2メートル以上はありそうで、体型がまさに、紀元前の彫刻のような筋肉もあり、まさに、彫刻の模型、古代考古の博物館で見た3Dのような堀の深い体型、また、ギリシャ人は女性も身長が高い人が多く、遺伝子が違うとこうも違うのかと思ったりしました。

赤ちゃんの名前を聞くと、ギリシャでは、洗礼されるまでは、名前がないらしいので、赤ちゃんを「ベイビーA ベイビーB」と呼ぶらしいので、驚きました。

来年には、結婚式をするので、その後、名前が正教会で登録されて、初めて、その子たちの名前になるらしく、文化の違いを感じました。

IMG_0775

それまでは、名無しなの?と、驚きました。

しかし、天気予報では、肌寒い、曇り、雨とかでしたので、最後に、軽めの冬物とジャケットも無理矢理押し込んだのですが、現地は夏でした。

暑すぎ、観光客の女性達のタンクトップでうろうろしていました。

数年前にアテネを訪れたときは、肌寒かったのですが、夏は暑く、秋がなく、冬が極寒になりつつあります。

今回はアパートを借りることにしました。

広くて、天井が高く、観光地で、歩いてすぐのところにお土産屋さんや、レストランもありました。

ぶらぶらしていたら、観光会社の女性に声を掛けられて、名刺をもらったので、次の日に写真の展示されているギャラリーに行き、そのあと、デルフィに行きたいというと、予約して貰いました。

「朝8時30分にどこどこに来て下さいね。」と、言われて、その後、インスタグラム映えするバーで古代ギリシャの赤ワインで有名な場所からのワインを一杯のみ、アパートに帰り、巨大なテレビが、2台もありました。

普段、テレビを見ず、スマホやipadで動画を見るのになれているので、これだけ大きいと逆に目が疲れます。

さて、いよいよ、デルフィ遺跡に行く観光バスに乗ることになりました。

バスにはすでに、大勢の観光客の方々が乗っていました。

多くのフランス語を話す観光客がいたため、ガイドさんは、英語で話し、フランス語で話すというギリシャ人のツアーガイドさんでした。

どうしても、多語学ですと、2度、同じことを説明するので、聞く側も疲れました。

私は海育ちで海派ですが、デルフィに行く途中の山々は、神々しい景色が続き、山の素晴らしさに魅力されてしまいました。

オリンパスが住んでいた山を訪れたことがありますが、デルフィに行く途中の山々は、ギリシャ神話のイメージにぴったりです。

IMG_0746

デルフィ遺跡は、世界の中心とさえ呼ばれていました。

その場所は、古くから預言の神様であるアポロンが崇拝され、お告げを受け取れることができると信じられています。

紀元前11世紀に、このような場所に神殿や宝庫を建てる技術があったことに驚きました。

もともとデルフィでは大地の女神ガイヤが敬われていたそうですが、最高神ゼウスの息子アポロンが母レトの出産を妨げようとしたガイヤの息子で大蛇のピュートンを矢で殺したことから、以来アポロンが神託を行うようになったと伝えられています。

IMG_0783

古代ギリシャ人にとって、アポロンはゼウスの子というだけではなく、理性と調和を備えた尊敬すべき存在であったためでしょう。

なぜ?デルフィは「世界の臍」と呼ばれたのか?

調べたところ、大地の中心を決めるため、最高神ゼウスが地平線の両端から放った2羽のワシが出会ったところがデルフィだったと伝えられています。

オンファロス(世界の臍)と呼ばれる神聖な石で、冥界の神々たちを封じるために、デルフィはギリシャの中間に位置しています。

IMG_0788

大地と空、山々が神々しく、なかなか、このような景色は見ることが出来ないですね。

アポロン神託を眺めていると、行き成り、どこからともなく、茶色イヌがアポロン神殿を横切りました。

ギリシャの神々は、何にでも、変わることが出来るので、ギリシャ神話の神様の化身だったかも知れません。

IMG_0802

その後、探してみましたが、その犬はどこかに行ってしまいました。

そのアポロン神託でのお告げをしていた巫女ピューティアは大地の裂け目から噴き出す白い煙(地震によってできた裂け目から立ち上がる蒸気のこと)を吸ってトランス状態になり、アポロンと交信していたそうです。

IMG_0768

アポロン神託にいると、神様の存在を否定できなくなります。

アポロン神殿は、長さ60メートル、幅23メートル、38本のドリア式列柱が前室、内室、後室を取り囲む典型的な様式にて、内室にはアポロン像が立ち、前室の地下にあるオンファロスの上で神託が行われていたそうです。

今現在の神殿は、紀元前370年頃のものだそうです。

紀元前6世紀頃には、すでにアポロン神殿が建築され、信仰と神託は全世界に広まったと言われています。

そのアポロン信仰は、ガイヤに代わり、紀元前11世紀頃から、ギリシャ全土へと浸透していき、紀元前8世紀頃は、宗教の中心地として、ギリシャの重要な戦いのときは、巫女にアポロンと交信して、お告げを授かっていましたが、ビザンティン帝国テオドシウス帝が異教禁止令を発令した394年まで続いていたそうです。

博物館にも行きましたが、よく観光バスが行くような土産店とかにも連れて行かれると思っていましたが、それもなく、博物館から出るときにあると思っていたお土産店は、他の敷地にあったため、断念しました。

バスがすでに来ていたので、それに乗って、遅いランチ、前菜、サラダ、メインコース、スイーツも出て来ました。

ギリシャ料理はハーブも使っていて身体に良いけど、ついつい、食べ過ぎてしまいます。

その後、こじんまりとした山あいの小さな町に立ち寄り、その後は、バスに乗ったところまで、私は爆睡していました。

最後に、デルフィ市と南砺市は姉妹都市らしいです。

富山県は訪れたことがありませんが、きっと、デルフィと同じような街並みなのかも知れませんね。

IMG_0959.jpg

短い旅でしたが、素晴らしい波動に包まれ、また、最近のアテネは活気がありました。

観光客で賑わう場所と共存した古代遺跡、そして、哲学という偉大な知恵を教えてくれたソクラテス、プラトン、アリストテレスのような天才が生活していた場所は、去年、訪れたヨルダンのペトラとはまた異なり、鮮やかなコバルトブルーを見ているだけも癒されました。

アポロン神殿に立った際に、受け取ったメッセージは、「バランスの取れた生活をするように、伝えて下さい。」でした。

私たちは、AI、IT、進化する中で生きています。

バランスの取れた生活は、地に足がつき、活気があり、愛に溢れ、表現豊かであり、洞察力にすぐれ、生活のあらゆる場面で、スピリチュアルに導かれることでしょう。

このような感覚を持つことで、人生は喜びであり、あなたの周りにいることを喜び、そして、あなたが「あなたらしく」生きることが出来るでしょう。

バランスの取れた生活は、意外と出来ているようで出来ていないこともあるでしょう。

精神性と肉体のバランスが取れることで、あなたを素晴らしい生活へと導いてくれることでしょう。

大切なのは、勝利するためではなく、前進するために、スピリチュアリストになることです。

正しいバランスの到達は、合格しなければならないという試験はありません。

素直な気持ちで、自然界と調和し、本当のあなたになることに気づくことで、それが成功へと繋がることを実感出来るでしょう。

あなたに神様の恩恵がたくさんありますように。

ありがとうございます。

IMG_1453.jpg

国際占い師カズコ⭐️YouTube

※機会があれば、アテネの国立考古博物館の画像もYouTubeにアップしたいです。