悩みやストレスを吹き飛ばそう!

1349425361_flower3

現代人はストレスを解消できないまま、日々の身体の疲れを溜め込んでいます。
もしも、ストレスがなくなったり、恋人や夫婦の間での不満がなくなったりしたら、今よりも「すこしは幸せ」になれることでしょう。
ストレスや悩みの原因は「心」に問題があります。
霊的に見ても同じです。
その「心」の問題はなぜ生まれて来るのでしょうか?
それは謙虚さを忘れてしまった「心」だったり、慣れてしまった「心」から刺激的な出来事に興味をしめして、いまあることへ感謝できないことがストレスに繋がることがあります。
例えば、「仕事」。
初めて関わる仕事には、誰もが緊張感を持って積極的に努めようとするでしょう。
しかし、時間が経つに連れて緊張感も色あせて来ます。
同じような内容を続けていると「慣れ」が「心」の中で生まれて来て、飽きてしまいます。
初めてのその仕事に関わってしまって長い時間が経つと、楽しさも無くなっていたりするでしょう。
仕事が面白くないから、多くの人が転職を考えることでしょう。
転職歴が多い人は、「自分には合わない」「面白くない」という理由で次の仕事へと移行して行きます。
どんな仕事も責任が重くなるころには「慣れ」という「心」を初心に戻さないと、「不満」や「飽き」、そして、「堕落」や「手抜き」に繋がり、極端な例ですと、ニュースなどで真面目な会社員が不正を起こしたと取り上げられることがあります。
仕事をしていても上の空で、朝から昼ごはんの心配をする人もいるでしょう。
また、最近では時間を持余して、携帯電話のメッセージをチェックしたり、「彼はいまどうしているかな?」と考えてしまったり、「あの人のセンスはあり得ない!」など、仕事とは全く関係ないことを考えていたりして、仕事に対するやる気は半減して行き、それは日常生活においても、「ストレス」にもなっていきます。
仕事以外にも、「慣れ」は「恋人・夫婦生活」でも同じことです。
恋人と会う機会が少ない人は、新鮮味がありますから、「慣れ」よりも「不安」の方でストレスになる人もいるでしょうが、夫婦生活と違って「慣れ」が少なくてすみます。
夫婦の場合は、毎日、顔を合わせて行きます。
毎日顔を合わせているとお互いに「我」や「本性」が表に出て来ます。
遠慮どころか、相手をコントロールしようとする人もいます。
それが、慣れてしまった状況になり、とくに感情的な奥さんを持つご主人は仕事で疲れているのに、家に帰ってからご近所の不満、ママ友の不満、子どもの不満、姑の不満、義理家族の不満、あげくの果てにはご主人の稼ぎの不満を遠慮なく口にしてしまう人もいるでしょう。
黙ってご飯を口に運びながら相槌を打ちながら遅い夕食を食べているご主人も「ストレス」を溜めていたりします。
「美容」や「健康」面でも同じことが言えます。
「心」の慣れもありますが、体も慣れて来ます。
初めは化粧品の効果を実感できたから、「リピート確実」と思っていた人でも、2週間ほどすると、その効果が実感できなくなります。
使い切る前に新しい商品が気になったりして、心変わりをしてしまいます。
「薬」も同じです。
多くの女性が「頭痛」や「生理痛」に悩まされて鎮痛剤を飲んでいる人もいるでしょうが、薬の効き目を実感できなくなり、「強い成分」の鎮痛剤を求めるようになります。
「心」も「体」も慣れは「幸せ」とは反対方向へ行っていることがあります。
その慣れを打破する方法は、「刺激」や「ワクワク感」です。
夫婦でマンネリ化して来ていると思うときは、寝室の雰囲気を変えたり、子どもを預けて二人だけのデートを楽しんだり、小旅行に出かけたりして、「刺激」を持つことです。
ここで私が今までに鑑定して来たご夫婦で、お子さんがいる夫婦とお子さんがいない夫婦でどちらが「慣れ」によって、夫婦関係が悪化してしまいやすいかの統計では、お子さんがいる夫婦の方が「慣れる」ことで不平不満が蓄積して行っている人が多いようです。
もちろん、お子さんがいない夫婦でも「慣れ」はあるでしょうが、その場合は、「慣れ」というよりも、二人ともが「我」が強いため、譲れない性質だったりすることでしょう。

1349425361_waterfall

仕事、結婚生活、体もどんな「刺激」でも良いので、「楽しい」刺激、「ワクワクする」ような刺激を求めていると、ストレスが半減されます。
不平不満は言っているときはいいのですが、後味が悪かったり、不満の対象が悪いエネルギーとなり、マイナスの影響を及ぼすことがあるので、ダラダラと不満を言い続けないことです。
どうしても言いたいときは、プロのカウンセラーに相談したりして、話を聞いて貰うことです。
友人、家族に不満を言い続けると、良い運気をキャッチできなくなります。
家の中に邪気、邪念を溜め込んでしまっては、どんなに素晴らしい家でも家族に不幸を齎さないためにも、マイナスの言葉は控えると良いでしょう。
もしも、あなたがいま辛い状態にいるなら、誰かに不満を持っていないか、今一度、確かめて下さい。
自分自身で招いている邪気かも知れません。

1348904551_newgreek

もうすぐ、特別遠隔スピリチュアルヒーリングキャンペーンを締め切ります。
お申し込みを考えている方、是非、高波動を体感して下さい。

広告