日別アーカイブ: 2007年7月24日

神様との距離が近くなれる「人よし 我よし」精神を持とう!

28.5:350:263:0:0:natural:center:1:1:大自然は神様の化身・・・ ^-^  ありがとうございます。:
こんにちは!
いつもありがとうございます。
ありがとうございます。
この7月に突入してから多くの場所で天災が続々と起きている。
これからもこの天災は続いて行くらしい。
週末に起きた英国の大洪水は60年に1回というほどの被害である。中国でも大洪水、アメリカでも大洪水が起きた。
鉄砲水のような雨が降らなかった欧州の違う国では、ヒートウェーブで猛暑を通り越した暑い週末が続いた。
地球温暖化対策として色々と科学者達もどうにか良い対策がないか考えているらしいが、大自然はすべて神様の化身だと思える。人間なんて大河の1滴の存在である、その人間が科学兵器や自然を破壊続けた結果起きたことである。
私は20年前から飲み水を大事に扱うように伝えて来たが、日常生活で当たり前である水道の蛇口をまわすと飲み水が出る、お風呂にも毎日、飲み水の数十倍を使っている。欧州辺りで水道水が飲める国は雨が多い国だったりする。キプロスでは蛇口をひねって出てくる水が飲める場所は唯一、山の湧き水が豊富な場所だけである。もちろん、高いドイツ製の水道の蛇口にしてしまえばいつでも蛇口をひねる水が飲めるお宅もあるが、基本的には近所にあるスプリング水をお金を出して買うか、スーパーでお水を買うのが辺り前である。
トイレも紙を流さないのがキプロスでは当たり前である。
降水量がこの数年でどんどん減少して行っている国であるから、対策も色々と考えて行っている。観光客は雨が降らないこの国にやって来ては大喜びしているが、ローカルな人達は「水不足」で頭が痛い。
数週間前に豪州でも豪雨で水不足から開放されたというニュースが出ていたが、その水不足とは裏腹に家屋や車などの被害は相当な被害総額になっている。
今回の日本での地震の被害総額も凄いが、英国の大洪水の被害も凄い。
雨が沢山降っても、飲み水となるとどこかで買わないといけないが買う場所が少ない為にスーパーでもお一人様6本ほどを人によっては買い占める人も見かけた。ガスも電気もインターネットさえも使えない状態で、道路も水嵩の為にカヌーかボートで移動しなければならないこの3日間ほどでベニスの様になってしまった。
その水一本を購入するにも、そこまで行くのに大変なことになっている。2階立ての家でお年寄りも水嵩が減るまで数日待っていたが、なかなか減らないうえに、水も電気も使えない状態になっている。
人の足元をみて儲けたい人はどこの国でも同じだろう。
世界一物価が高い国で水1本が300円~500円ぐらいが相場だが、昨日のニュースでは小さなボトルに水を配給して貰うだけで、アメリカドルで10ドルだそうだ。家族5人で5本分となると50ドルか・・・。と思うと凄過ぎる。
スーパーの店長は困惑はしていたが、内心ではかなり喜んでいる顔をしていた。いつもなら薄利多売でお客様を集めることで必死だろうが、天災でそこだけオープンしているとなると、高いなぁ~!と思いつつ買うしかないだろう。
しかし、先進国ではなかったのか、水一本も国からプレゼント出来ないのか。
去年の今頃、レバノンで戦争が起きたときに、多くの外国人がキプロスに難民としてやって来た。その時に心広き人達は食べ物を差し上げ、水をあげ、中にはホテル経営者で寛大な人はすべてのお部屋を無償で水知らない人たちに提供していた。これはキプロス正教会などのキリストの教えなどを基本にしているから出来る行為かも知れないと思える。
イギリス、アメリカ、日本などは経済的には先進国で経済国である反面、国は豊かかも知れないが、一人、一人の国民はおととしのアメリカのハリケーン、そして、地震、今回の大洪水で家屋浸水があった場所がほとんどであったが、どうなんだろう。イギリスはスピリチュアリズムでは元祖だが、日本と同じで宗教を煙たがる人達が多い。
イースターとクリスマスは休みが取れるぐらいの感覚でキリストの復活などと考えて休みを取る人達の方が実際にどれぐらいいるだろうか。
日本でももうすぐお盆が近くなって来ているが、休みが取れるぐらいに思っている人が多いのではないだろうか。日本のお盆はキリスト教でいう復活祭に似ているわけで死者が年に一度、自分の子孫の顔を拝みに霊界からこの地上界にやって来れる日である。
これからも揺れ続けるだろうと思える地球での生活の中で、もっと神様に近づく為にも感謝しながら生活する必要が私たち人間には必要であろう。
一人でも多くの人が早く「気づき」を貰い、感謝しながら「人よし 我よし」精神でこの21世紀を生きて行くなかで、手と手を取り合って助け合いながら生きる心を大事にすることを学ぶ必要があるのではないだろうか。
いくら立派な家があっても、銀行に大金があっても天災で一瞬にして無くなることもある時代である。
肉体があり、この世で魂の向上の為に輪廻転生したことを忘れてはいけない。
だから、思い出す必要があるだろう。
私たち人間は生かされていることの有難さ。
もしも、あなたが不安なこころを持っているなら、もっと神様との距離を近くすることで安心出来るだろう。
ありがとうございます。

広告